トップクロマツ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

クロマツ (黒松)

別名:オマツ(雄松)
科・属名:マツ科・マツ属/原産地:日本、朝鮮半島/学名:Pinus thunbergii
分類: 常緑高木(針葉樹)


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 15m〜40m
花色: 雄花(クリーム色)
雌花(紫色)
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
増やし方: 接ぎ木、種まき
作業: みどり摘み(芽摘み)、もみあげ
用途: 鉢植え、庭植え、シンボルツリー
通販店: 楽天市場にあり
クロマツは日本の海岸に生えているマツの仲間です。日本のマツというと他にアカマツ、ゴヨウマツなどがあり、クロマツは防風、防砂のためや防潮林という、津波、高波、潮風を防ぐため砂浜などによく植えられています。よく似たアカマツは赤い幹をしていて、葉が柔らかくメマツ(雌松)という別名があり、一方のクロマツは葉が固く強い感じがするのでオマツ(雄松)という別名があります。アカマツは庭木によく植えられていて、うちの庭にもお正月用の小さな苗を庭に適当に植えて、5、6年ぐらいで1.5mぐらいの大きさになっています。特に庭木という訳ではなく、お正月の松飾り用に毎年切って使っていて、短く剪定するとお正月の松飾り用に使えないので、姿は不恰好な姿になっています。松の剪定は松ヤニが衣服につくと落ち難く、無水エタノール(アルコール)で擦ると落ちます。松ヤニは滑り止めとして、ボクシングのシューズの底のにつけたり、ハンドボールの時に手につけて使われたり、楽器ではバイオリンやチェロの弓に塗る事で音がよく出るようになっています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実期
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
植え付け
剪定
みどり摘み もみあげ
肥料
肥料

クロマツ
4月中旬、海岸

クロマツの実(松ぼっくり)
12月下旬、海辺

クロマツの白い新芽
12月下旬、自宅の庭

クロマツの全体
12月下旬、植物園
関連リンク