トップマンデビラ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

マンデビラ

別名:ディプラデニア、デプラデニア
科・属名:キョウチクトウ科・マンデビラ属/原産地:中南米/学名:Mandevilla

分類: 蔓性低木(0度以上)


寒さ: 弱い
暑さ: 強い
花径: 5cm〜10cm
花色: 赤、ピンク、白
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え
通販店: 楽天市場にあり
赤いラッパ型の花びらが鮮やかで熱帯らしい美しい花を次から次へと咲かせます。花期が長く初夏から秋まで花を咲かせ続けます。冬の寒さに比較的強く、熱帯の植物の割には比較的育てやすいです。つるは長さ5m以上になり、花の大きさは普通の種類は5cm〜8cmぐらい、大輪は10cmぐらいの花の大きさがあります。花色は赤、ピンク、白などの花を咲かせる種類があり、葉が小さなタイプと長くて大きなタイプがあります。葉が長くて大きなタイプは、夏の日よけの緑のカーテンに利用される事があります。よく似た黄色い花を咲かせるウレキテス・ルテアという種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(5度以上) 日向 室内の日向
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
剪定
花後
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば与える 控えめ

マンデビラ・サンデリー(花径7cmほど)
5月上旬、自宅の鉢植え

マンデビラ・アマビリス(花径10cmほど)
6月下旬、植物園

マンデビラ・サンデリーの全体
11月中旬、自宅の鉢植え

マンデビラ・アマビリスの全体
7月下旬、植物園

マンデビラ(白)
8月下旬、植物園

沢山のマンデビラ
6月中旬、植物園

マンデビラの育て方

場所

年間を通じて日当たりのよい場所で育てます。冬は耐寒性がないので、秋の最低気温が15度を下回ったら戸外のものは室内へ入れ、冬は最低温度5度以上の日当たりのよい場所で育てます。春の最低気温が15度以上になる5月頃になれば、戸外の日当たりのよい場所で育てる事ができます。

水やり

春から秋までの生育期は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。熱帯の植物なので、秋になって気温が下がってくると徐々に水を吸わなくなるので、水やり間隔も徐々に開けてゆき、冬は鉢土の表面が白く乾いてさらに3日ぐらいしてから水を与えます。冬に水を与える場合は暖かい日の午前中に与えるとよいです。

植え替え

よく根が張るので、植え替えは毎年行った方がよいです。時期は4月中旬から5月頃に行います。保水性と排水性のよいごく普通の用土でかまいません。例えば赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいです。根がよく伸びるので、鉢はやや大きめに植え替えるとよいです。肥料も好むので、元肥としてマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んでおくとよいです。その他、植え替え方などについては花の植え替えを参考にしてください。

肥料

肥料を好みます。植え替え時に元肥としてマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んでおくとよいです。元肥を入れていない場合は、生育期の春から秋まで緩効性の化成肥料や液体肥料などを与えます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。挿し木はやや高温を必要とするので、時期は6月から7月の梅雨ごろがよいと思います。3節ぐらいの挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取って20分ぐらい水揚げします。葉を取った節が用土にしっかり埋まるよう、あれば発根促進剤をつけて挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

支柱

つる性なので支柱をつけます。アンドン仕立てなど好みに仕立てます。

冬を越えたマンデビラ

マンデビラは熱帯の植物ですが、比較的寒さに強く、冬を越えてもあまり葉は落ちたりしていません。もし、葉が落ちて葉が少なくなっていたら、根詰まりや根腐れしている可能性があります。春になったら植え替えをして、葉の少なくなった蔓は切って樹形を整えます。
関連リンク