トップマツムシソウ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

マツムシソウ (松虫草)

科・属名:マツムシソウ科・マツムシソウ属/原産地:日本の草原/学名:Scabiosa japonica

分類: 一年草、野草


寒さ: 強い
草丈: 60cm〜80cm
花径: 3cm〜4cm
花色:
場所: 日向(夏は半日蔭)
水やり: 普通(過湿は嫌う)
肥料: 控えめ
増やし方: 種まき、株分け
用土: 山野草の土など
用途: 花壇、鉢植え、切花
花言葉: 失恋、私は全てを失った、不幸な愛情、恵まれぬ恋、嘆きの花嫁
日本の高原に自生しているマツムシソウです。花の咲く地域が草原の一部に限られていて珍しい花です。九州の阿蘇くじゅう国立公園に自生している事でも知られ、下のは「野の花の里」に咲いていました。名前の由来はマツムシの鳴く頃に咲くのでこのような名前になったようです。一般にはあまり売られていませんが、近い種類のスカビオサという西洋原産の種類がよく出回っています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 半日蔭 日向
種まき
種まき 種まき
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う)
マツムシソウ
マツムシソウ
9月上旬、野の花の里
マツムシソウ
マツムシソウ2
9月上旬、野の花の里
関連リンク