トップメカルドニア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

メカルドニア

科・属名:オオバコ科・メカルドニア属/原産地:北アメリカ、南アメリカ/学名:Mecardonia

分類: 匍匐性多年草


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 5cm〜10cm
花径: 約 1cm(大輪の種類は約 2cm)
花色: 黄色、白
増やし方: 挿し木、株分け
場所: 日当たりを好む
用途: 鉢植え、花壇、寄せ植え、吊り鉢、ハンギングバスケット
通販店: 楽天市場にあり
黄色く小さな花が初夏から秋にかけて咲きます。匍匐性で草丈は高くはならず、下へ垂れる性質があるので、吊り鉢にすると下へ垂れ下がって伸びてゆきます。半耐寒性で寒さにやや弱いので、一年草扱いされる事がありますが、暖地では霜の当たらない軒下で容易に越冬します。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 霜よけ
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し木
挿し木 挿し木
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える
メカルドニア
メカルドニア
7月中旬、自宅の鉢植え

メカルドニア2
7月中旬、自宅の鉢植え

メカルドニアの全体
7月中旬、自宅の鉢植え

垂れ下がるメカルドニア
10月中旬、自宅の鉢植え(寄せ植え)

メカルドニアの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。冬の寒さはあまり強くないので、暖地では霜に当てないよう日当たりのよい軒下などで育てます。寒地では日当たりのよい室内で越冬させます。

水やり

鉢植えの場合は鉢土の表面が白く乾けば与え与えます。花壇ではあまり雨が降らずに用土が乾くようなら与えます。

肥料

肥料は普通でかまいません。元肥にマグァンプK(中粒)などの元肥を与えていてば、追肥に液肥を与えるぐらいでかまいません。元肥を与えていない場合は、緩効性の化成肥料を置き肥して、追肥に液体肥料をたまに与えるぐらいでかまいません。花壇では元肥に堆肥を混ぜ込んで植え付け、その後は1ヶ月に1回ぐらい化成肥料などを追肥すればよいです。肥料については肥料の使い方を参考にしてください。

植え替え

毎年、春の4月頃に植え替えます。用土は花の培養土など普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。必要なら株分けも兼ねて行います。花期が長いので、元肥にマグァンプ(中粒)などを混ぜ込んでおくとよいです。

増やし方

挿し木

挿し木後数ヶ月 翌年の春

11月中旬

5月下旬
挿し木で容易に増やすことができます。時期は春の5月〜6月頃、秋の9月頃にも行えます。3節ほどの挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取って、葉の取った節が用土に埋まるように挿せばよいです。花壇に植え付けているものは霜で枯れるかもしれないので、秋に挿し木したポット苗を越冬させて春に植え付けてもよいです。暖地では霜の当たらない軒下で容易に越冬します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

株分け

株分けして増やすこともできます。時期は植え替えと一緒に行います。

整枝

匍匐性でよく伸びるので、伸びすぎたら適度な長さに切ればよいです。
関連リンク