トップミヤマキリシマ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ミヤマキリシマ (深山霧島)

科・属名:ツツジ科・ツツジ属/原産地:九州に分布/学名:Rhododendron kiusianum

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 0.5m〜1m
花径: 約 2.5cm
花色: 桃色、紫など
場所: 日向
水やり: 鉢花(普通)、庭木(普通)
肥料: 固形油粕などを。
増やし方: 挿し木
用土: 酸性土壌を好む
作業: 剪定
花言葉: 情熱、節制(ツツジ)
通販店: 楽天市場にあり
九州の高山に自生しているツツジの仲間で、ツツジに比べて花が小さく、枝がよく分岐して横に広がり、一つの枝の先端に3つぐらい花を咲かせるので、花が満開になると花のじゅうたんのように咲きます。大分県ではくじゅうの登山の名所によく生息しているので、ミヤマキリシマの咲く時期は多くの人が登山に訪れます。下は別府にある鶴見岳というロープウェイで簡単に上れる場所で撮ったものです。ミヤマキリシマは国の天然記念物に指定されています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向〜半日蔭 日向
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え 花後 植え替え
挿し木
挿し木
剪定
花後
肥料
寒肥 花後 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 表面が乾く前に与える 鉢土の表面が乾けば与える
ミヤマキリシマ
ミヤマキリシマ
6月上旬、別府鶴見岳
ミヤマキリシマの全体
ミヤマキリシマの全体
6月上旬、別府鶴見岳
色違いのミヤマキリシマ
色違いのミヤマキリシマ
6月上旬、別府鶴見岳

ミヤマキリシマ2
6月上旬、別府鶴見岳
関連リンク