トップモッコウバラ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

モッコウバラ (木香薔薇)

科・属名:バラ科・バラ属/原産地:中国/学名:Rosa banksiae

分類: 落葉蔓性〜半蔓性低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
花径: 2.5cm〜3.5cm
花色: 黄色、白
場所: 日向
増やし方: 挿し木、接ぎ木
花芽分化: 7月頃〜
用途: 庭木、生垣、フェンスなど
花言葉: 純潔、幼いころの幸せな時間、あなたに相応しい人
通販店: 楽天市場にあり
モッコウバラは中国原産のつる性植物です。花色は黄色と白花があり、一重咲きと八重咲きがあります。香りのある種類もあるそうで、うちには黄花の八重咲きと白花の八重咲きがありますが、両方とも香りがありません。普通のバラは5月から6月頃に花が咲きますが、モッコウバラは一足早く、4月中旬頃から花が咲き始めます。蔓にはトゲがなく扱いやすく、病気にも強いです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
植え付け
植え付け 植え付け
挿し木
挿し木 挿し木 挿し木
剪定・誘引
不要な蔓の剪定・誘引 不要な蔓の剪定・誘引 不要な蔓
肥料
肥料 肥料 肥料

モッコウバラ
4月下旬、自宅のフェンス
モッコウバラ(黄色)
モッコウバラ(黄色)
4月下旬、自宅のフェンス

モッコウバラ(黄色)3
4月下旬、自宅のフェンス

モッコウバラ(白)の花
4月下旬、自宅のフェンス
モッコウバラ(白)
モッコウバラ(白)
5月上旬、自宅のフェンス

モッコウバラ(白)3
5月上旬、自宅のフェンス

モッコウバラの育て方 (庭木)

植え付け

モッコウバラの植え付けは11月から3月頃、小さな苗なら5月頃まで行えます。できるだけ日当たりのよい所に植え付けますが、半日ぐらいの日光が当たるぐらいの所でもよく花を咲かせます。つる性なのでフェンスのそばやアーチなどに蔓を這わせて誘引します。植え付け場所には腐葉土と堆肥をよく混ぜ込んで、水はけをよくしてから植え付けます。

水やり

植え付け後はしばらく乾かさないように注意します。その後はあまり雨が降らず乾くようなら与えます。

肥料

2月頃、花後の6月頃、秋の9月頃に骨粉入りの固形油粕などをばら播いておけばよいです。その他は花の肥料を参考にしてください。

剪定

まだ立派に花を咲かすことのない苗木は、あまり蔓が伸びないので、あまり剪定の必要はありません。苗を植え付けて3年ぐらいして大きくなると、夏には蔓があちこちから伸びてくるので、邪魔な蔓を切って必要な蔓を誘引するように剪定すればよいです。時期は冬の12月から2月頃に行いますが、夏の7月から8月頃にも伸び過ぎた邪魔な蔓を切り取ります。モッコウバラの場合、特に剪定しないとよい花が咲かないと言う事はないので、不要な蔓だけ切るぐらいでかまいません。

誘引

6月頃から蔓が伸びてくるので、必要ならヒモなどを使って、蔓をフェンスなどに誘引すればよいです。

増やし方

挿し木

挿し木で増やすことができます。時期は春の5月から6月頃、秋の9月頃にも行えます。3節ほどの挿し穂を用意して、一番下の葉を取って、そこが用土に埋まるように挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

病気や害虫

普通のバラは黒点病やうどんこ病になりやすいですが、モッコウバラは病気に強く、うちのはかかった事がないです。その他は花の病気や害虫を参考にしてください。
関連リンク