トップナノハナ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ナノハナ (菜の花)

別名:アブラナ(油菜)、ナタネ(菜種)、ナバナ(菜花)
科・属名:アブラナ科・アブラナ属/原産地:中国/学名:Brassica rapa var.amplexicaulis

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 50cm〜80cm
花径: 1cm〜2cm
花色: 黄色
種まき: 秋まき
発芽温度(15℃〜20℃)
直まき、ポットまき(移植を嫌う)
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、野菜料理(蕾)
花言葉: 快活、財産
通販店: 楽天市場にあり
ナノハナは初春から花が咲く春を代表する花の一つです。種類によって菜種油が作られたり、絞った菜種油の粕からは肥料の油粕が作られます。食用にできる菜の花もあり、観賞用は花菜と呼ばれ菜の花という名前で売られています。食用は菜花と呼ばれ菜花という名前で種が売られています。両方とも蕾を食べる事ができ、菜花は食用に向いているので茎の方も食べられます。料理は和え物、炒め物、お吸い物、天ぷらなどにして食べられています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
収穫時期
収穫 収穫
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば与える

ナノハナ(菜の花)
3月中旬、植物園

ナノハナのアップ
3月中旬、自宅の庭

水田のナノハナ
3月下旬、水田

ナノハナとミツバチ
2月上旬、自宅の庭

菜花の蕾
2月下旬、自宅のプランター

収穫した菜花
2月下旬、自宅

ナノハナ、ナバナの育て方

種まき

種まきは秋の9月中旬から10月中頃に行うのが一般的ですが、早咲きの種類は8月下旬から9月上旬頃に種を蒔くと12月頃から蕾をつけます。種まきの方法は移植を嫌うので直まきポットまきし、覆土は1cmから2cmぐらいで行います。ポット蒔きでは3粒ほどまいて芽が出たら元気なのを一つ残し、根が回ったてきたら日当たりのよい所に、予め石灰と元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで10cm〜15cmぐらいの間隔に定植します。直まきでは芽が出たら10cm〜15cmぐらいに間引きします。食用の菜花は株間を30cmぐらいと広めにして、多くの枝を伸ばさせて沢山収穫できるようにします。
11月上旬

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。

水やり

プランターなどの鉢植えは鉢土の表面が白く乾けば与えます。庭植えの場合はあまり雨が降らず乾くようなら与えるぐらいでよいですが、自生して花が自然と咲くぐらい強いのであまり神経質になる必要はありません。その他は、花の水やりをご覧ください。

肥料

肥料は多く必要ありません。プランターなどの鉢植えは緩効性の化成肥料など置き肥するぐらい、花壇の場合は元肥を入れて植え付けていれば、その後は葉が黄色くなって肥料不足になったら即効性の化成肥料などを追肥するぐらいでかまいません。

種採り

花が咲き終わって5月になると種が出来るます。種は豆のサヤのような中に入っているので、、茶色くなって熟したものを採って来年また蒔く事が出来ます。
5月上旬
関連リンク