トップナンテン 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ナンテン (南天)

科・属名:メギ科・ナンテン属/原産地:日本、中国/学名:Nandina domestica

分類: 常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 並葉ナンテン(1m〜2m)
オタフクナンテン(30cm〜50cm)
花径: 約 5mm
花色:
増やし方: 挿し木、種まき
場所: 日向〜半日蔭
用途: 庭木、生垣、鉢植え
花言葉: 機知に富む、良き家庭
通販店: 楽天市場にあり
ナンテンは魔除け厄除けの縁起のよい植物で、昔から庭によく植えられています。冬に実が成り、お正月の飾り付けなどにも利用されています。種類がいろいろあり、普通の実が成るナンテン(並葉ナンテン)の他、草丈が低く実は成りませんが、紅葉の美しいオタフクナンテン、葉が笹のようなササバナンテン、実が朱色のヒメナンテン、小型のキンシナンテンなどがあります。日向から半日蔭で育ち、耐陰性が強いので明るい日陰でも育てる事ができますが、日光が当たった方がオタフクナンテンは紅葉が美しくなり、実の成るものは実つきがよくなります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
実の観賞
場所
日向〜半日蔭(夏の西日は避ける)
種まき
種まき
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

ナンテンの花
6月中旬、自宅の庭

ナンテンの花序
6月中旬、自宅の庭

ナンテンの実
12月中旬、自宅の庭

ナンテンの全体
12月中旬、自宅の庭

ナンテン2
11月下旬、自宅の庭

ナンテンの葉
6月下旬、自宅の庭

ナンテンの育て方

場所

西日の当らない日当たりのよい所から午前中の日光が当たるような半日蔭で育ちます。明るい日陰でも育ちますが、あまり暗いと実着きが悪くなり、オタフクナンテンなど紅葉の美しいは種類は日当たりのよい所の方が紅葉します。実の成るナンテンの鉢植えは、花期に長雨に当てない方が、花粉が雨で流れなく実着きがよくなるそうです。

植え付け

植え付けは春の3月から4月頃、秋の9月下旬から10月頃に行うのが理想的です。庭に植えつける際は元肥に牛糞、腐葉土などを混ぜ込んで植えつけます。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)7、腐葉土3ぐらいの普通の用土でかまいません。

植え替え

鉢植えの植え替えは2、3年に一度、春の3月から4月頃に行うのが理想的です。用土は植え付け用土と同じです。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では通常与える必要はありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

肥料

肥料は多く必要としません。鉢植えでは骨粉入りの固形油粕などを3月頃に、生育が悪い場合は9月頃にも与えますが、成育がよい場合は秋に与えない方がよいです。花壇では寒肥として2月頃に骨粉入り固形油粕などをまくだけでかまいません。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は春の3月から6月頃に行えます。その他は挿し木のページを参考にしてください。

種まき

種まきでも増やす事ができます。時期は採り蒔きするか、保存しておいて春の3月から4月頃に種まきします。その他は種まきのページを参考にしてください。

株分け

株分けは一般的ではありませんが、出来ない事はありません。時期は春の植え替えの3月から4月頃にノコギリなどで切って行います。木が堅いのでやや切りにくいです。株分け後は1、2年、実着きが悪くなる事がありますが、3年もするとまた実を着けるようになります。
株分け前

株分け後

剪定

ナンテンの剪定は必要ありませんが、株元から茎が沢山伸びて葉が茂るので、邪魔な茎があれば間引くように株元からきったり、長く伸び過ぎたものを途中で切り戻せば脇芽が伸びてきます。

実の保護

お正月飾りにしようと思っても、鳥が実を食べて無くなってしまう事があるので、11月頃から新聞紙や袋などで実を保護しておくとよいです。
関連リンク