トップネメシア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ネメシア

別名:ウンランモドキ(海蘭擬き)
科・属名:ゴマノハグサ科・ネメシア属/原産地:南アフリカ/学名:Nemesia

分類: 一年草または多年草(宿根ネメシア)


寒さ: やや弱い
暑さ: 一年草タイプは枯れる
宿根ネメシア(弱い)
草丈: 10cm〜20cm
花径: 2cm〜3cm
花色: 赤、白、桃色、橙色、黄色
場所: 日当たりを好む、夏は半日陰(宿根ネメシア)、冬は霜よけ
種まき: 秋まき
発芽温度(20℃前後)
箱まき、ピートバンなど
用途: 鉢植え、花壇、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 正直
通販店: 楽天市場にあり
ネメシアは秋まき一年草タイプのネメシアと宿根タイプの宿根ネメシアがあります。一年草タイプのネメシアは赤や黄色などカラフルな色の花を咲かせますが、宿根ネメシア(Nemesia caerulea)は薄紫、白、薄桃色など清楚な感じの花を咲かせ、多年草なのですが、暑さに弱いので暖地で暑超えは難しくないます。種まき一年草タイプのネメシアは通常は草丈が30cmぐらいの高さのネメシア・ストルモーサ(Nemesia strumosa)が多いのですが、コンパクトにまとまって花が咲く派手でカラフルなネメシア・サンドロップ(Nemesia sundrops)という種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
ネメシア全般 宿根ネメシア
場所
日向(霜よけ) 日向(雨よけ) 半日陰(宿根ネメシア) 日向 日向(霜よけ)
種まき
種まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け 宿根ネ
植え替え
宿根ネ
挿し芽
宿根ネメシア 宿根ネメシア
肥料
ネメシア全般 宿根ネメシア 仮植え
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

ネメシア・ストルモーサ
4月下旬、植物園

ネメシア・ストルモーサ
5月下旬、植物園

ネメシア・サンドロップ
4月下旬、植物園

ネメシア・サンドロップの全体
5月上旬、植物園

ネメシア・ストルモーサ2
4月上旬、自宅の庭

ネメシア・ストルモーサ(青)
4月下旬、自宅の庭

ネメシア・ストルモーサ3
4月上旬、自宅の庭

沢山のネメシア・ストルモーサ
4月上旬、自宅の庭

ネメシアの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。寒さには強くないので、冬は霜の当たらない日当たりの良い軒下などで、凍りそうな寒い日は室内に入れると良いです。ネメシアは暑さを嫌うので、一年草タイプのネメシアは夏の暑さで枯れますが、宿根ネメシアはうまくいくと夏を超させる事が可能なので、夏は風通しの良い半日陰に置いて越させます。

水やり

年間を通じて鉢土の表面が乾けば与えます。宿根ネメシアは高温多湿を嫌うので、梅雨時期は長雨の当たらな軒下などに置いておくとよいです。

肥料

肥料は多く必要ありません。春と秋に緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料を与えるぐらいでかまいません。その他は肥料のページを参考にしてください。

植え付け

苗が売られている事があるので入手したら植え付けます。鉢植えでは60cmプランターに3株を目安に、用土は花の培養土など普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。庭への植え付けは水はけが悪いようなら腐葉土を、苦土石灰、元肥に牛糞などを混ぜ込んで、しっかりと霜よけして20cmぐらいの間隔に植え付けます。

植え替え

宿根ネメシアの植え替えは毎年、春の3月頃に一回り大きな鉢に植え替えます。用土は植え付け用土と同じです。

種まき

一年草タイプのネメシアは種が売られているので種まきから育てることができます。暖地の種まきの時期は秋の9月下旬〜10月中頃に行えます。方法は箱まきで行うとよいと思います。覆土は種が隠れるように行い、本葉が2,3枚になったらポットに仮植えして、鉢植えでは秋に植え付けたら日当たりがよく霜の当たらない軒下などで越冬させます。庭ではしっかりと霜よけして植え付けます。用土などは植え付けの項目を参考にしてください。
10月上旬 10月中旬 12月上旬

種まき後の発芽

仮植え

植え付け前
12月上旬 3月下旬

定植

不織布で霜よけ

開花

増やし方

挿し芽

宿根ネメシアはさし芽で増やすことができます。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の葉を取って、葉の取った節が用土に埋まるように挿します。時期は春の5月から6月頃、秋の9月から10月頃に行います。

切り戻し

宿根ネメシアは春や秋の開花がピークを過ぎた頃に半分ほど切り戻すと、新芽が伸びて次の花が咲きます。
関連リンク