トップニゲラ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ニゲラ

別名:クロタネソウ(黒種草)、ラブインナミスト
科・属名:キンポウゲ科・ニゲラ属/原産地:地中海沿岸/学名:Nigella damascena

分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 40cm〜80cm
花径: 4cm〜5cm
花色: 青、白、桃色など
種まき: 秋まき
発芽温度(20℃前後)
直まき、ポット蒔き(移植を嫌う)
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー、ハーブ(種)
花言葉: 戸惑い、困惑、不屈の精神、夢の中の恋
通販店: 楽天市場にあり
ニゲラは細い葉を茂らせ、しっかりした花びらで少し変わった形の花をしています。種は簡単に採れますが、家では毎年こぼれ種で花が咲いています。種が黒い事からクロタネソウとも呼ばれています。種はハーブ、スパイスとして使用される事があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
収穫時期
種の収穫
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け 植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 表面が乾けば

ニゲラ
5月下旬、自宅の庭

ニゲラ(白と紫)
5月下旬、自宅の鉢植え

ニゲラの全体
5月下旬、自宅の庭植え

ニゲラの実
6月上旬、自宅の庭植え

ニゲラ2
5月下旬、自宅の庭

ニゲラ3
5月下旬、自宅の庭

ニゲラの育て方

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さには強く、暖地では特に霜よけせずに越冬します。夏は暑さで枯れてしまう一年草になります。

植え付け

苗が売られている事があるので、入手したら植え付けます。鉢植えの用土は普通の花の培養土でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。庭では元肥に牛糞などを混ぜ込んで20cmぐらいの間隔で植え付けます。

種まき

移植を嫌うのでポットまきしたり、こぼれ種でもよく発芽するので日当たりがよく水はけのよい場所に直まきしてもよいと思います。覆土は嫌光性なので、種が隠れるよう、水を与えても種が出て来ないようしっかりと土をかぶせます。直まきでは20cmぐらいの間隔になるよう間引きします。種まきの時期は9月下旬から10月中旬頃に行うとよいと思います。ポット苗の植え付けは用土などは植え付けの項目と同じです。ニゲラはこぼれ種でよく発芽し、うちでは毎年こぼれ種で開花しています。直根で移植を嫌うニゲラですが、本葉が2、3枚の小さな頃、根を傷めないよう丁寧に好きな所に移植しても大丈夫です。
ニゲラのこぼれ種で発芽
2月中旬(こぼれ種)

水やり

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾けば与えます。庭植えの場合は特に与えなくてもかまいませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

ニゲラはあまり肥料を必要としません。鉢植えでは緩効性の化成肥料などを、花壇では即効性の化成肥料などを秋と春に1回ずつ与えるだけでかまいません。

花がら摘み

花が痛んだら見苦しいので摘み取ります。種を採りたい場合はいくつか花がらを切り取らずに残しておきます。

種採り

ニゲラの3cmぐらいの大きさの実が成ります。実はいずれ茶色くなって自然と割れ、こぼれ種て翌年も花を咲かせます。もし、別の場所に植えたい時は、採って別の場所へ蒔く事ができます。
関連リンク