トップノラナ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ノラナ

科・属名:ノラナ科・ノラナ属/原産地:南米/学名:Nolana paradoxa

分類: 匍匐性一年草(本来は多年草)


寒さ: やや弱い
暑さ: やや弱い
開花時期: 6月〜7月
草丈: 20cm〜40cm
花径: 3cm〜4cm
花色: 青、紫、白
種まき: 春まき(2月〜3月)
発芽温度(15℃〜20℃)
箱まき、ポットまき
植え付け:
場所: 日当たりを好む、夏は半日蔭、多湿を嫌う
用途: 鉢植え、花壇
ノラナは匍匐性なので地を這うように伸びてゆきます。花は青色の他、紫や白花もあります。本来は多年草で、冬の寒さに弱いので一年草扱いされているようです。下のは4月頃に種まきから育てたのですが、時期が少し遅かったようでよい花が咲きませんでした。もっと早く種をまいた方がよいようです。
ノラナ・ブルーバード
ノラナ・ブルーバード
6月下旬、自宅の鉢植え
ノラナの葉
ノラナの葉
6月下旬、自宅の鉢植え

ノラナの育て方

種まき

方法は箱まきポットまきするとよいと思います。種まきの時期は春の2月から3月頃に播きますが、2月頃に播く場合は保温が必要です。一度4月頃に種を蒔きましたが、開花が遅くよい花が咲きませんでした。用土は砂質土壌を好むので、種まきの用土に細かな砂などを3割ほど混ぜ込むとよいです。本葉が3、4枚になったらポットに仮植えして、霜の心配がなくなったら30cmぐらいの間隔で定植します。鉢植えの用土は花の培養土にパーライトを2ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2ぐらいで植え付けます。花壇では元肥に堆肥などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを混ぜ込んで植え付けます。

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てますが、夏の暑さを嫌うので夏は半日蔭で育てます。高温多湿にも弱いので、長雨には当てないようにします。

水やり

鉢土の表面が乾けば与えます。多湿を嫌うので水の与え過ぎには注意してください。

肥料

生育期に緩効性の化成肥料や花の液体肥料などを与えます。
関連リンク