トップシノグロッサム(シナワスレナグサ) 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

シノグロッサム

別名:シナワスレナグサ(支那勿忘草)
科・属名:ムラサキ科・オオルリソウ属/原産地:中国南西部/学名:Cynoglossum amabile
分類: 一年草


寒さ: 強い
暑さ: 暑さで枯れる
草丈: 30cm〜60cm
花径: 約 0.5cm
花色: 青、ピンク、白
場所: 日向
種まき: 秋まき
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 真実の愛
通販店: 楽天市場にあり
シノグロッサムは中国南西部原産の一年草植物です。花は0.5cmぐらいの大きさのの小さな花が集まり、コバルトブルーをしたとても美しい花を咲かせます。別名にシナワスレナグサという名前があり、中国原産でワスレナグサに姿がにて似ているので、このような名前になったのかもしれません。草丈が高くて切り花にも向いています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき 仮植え 定植
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 鉢土の表面が乾けば

シノグロッサム
5月下旬、自宅の庭

シノグロッサムのアップ
5月下旬、自宅の庭

シノグロッサムの花茎
5月下旬、自宅の庭

シノグロッサムの葉
5月下旬、自宅の庭

沢山咲くシノグロッサム
5月下旬、自宅の庭

シノグロッサムの全体
5月下旬、自宅の庭

シノグロッサムの育て方

種まき

種まきから育てる事ができます。時期は秋の9月下旬〜10頃中頃に行うとよいと思います。方法は箱まきで行えばよいです。覆土は種が隠れるように行います。本葉が2,3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら植えつけます。花壇では水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に堆肥などを混ぜ込んで30cmぐらいと広めの間隔で植えつけます。鉢植えの用土は普通の花の培養土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。鉢植えでは20cmぐらいの間隔で植えつけます。寒さには強いので、暖地では霜よけしなくても問題ありません。寒いところでは霜よけをした方が安全です。
10月中旬 10月下旬 11月下旬

発芽

仮植え

定植直前

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。暖地では特に霜よけせずに越冬します。

水やり

鉢植えでは、鉢土の表面が乾けば与えます。庭では植えつけ後しばらくは乾かしすぎないように注意しますが、その後は雨が降らず乾きすぎるようなら与えます。

肥料

肥料は多く必要ありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料などを置き肥して、葉色が悪くなったら液体肥料を追肥するぐらいでよいです。庭では牛糞などを混ぜて植えつけ、その後は即効性の化成肥料などを追肥するぐらいでよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

支柱

春の強風で傾くことがあるので、傾いたら支柱で支えておくとよいです。

種採り

花後に実が数珠成りに沢山できるので、採っておいて来シーズンも蒔く事ができます。実には返しが付いていて、服に引っ付く引っ付き虫と同じような実が成りします。
関連リンク