トップジンジャーリリー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ジンジャーリリー

別名:ヘディキウム、シュクシャ(縮砂)、ハナシュクシャ(花縮砂)
科・属名:ショウガ科・シュクシャ属/原産地:インド、マレーシア、東南アジア/学名:Hedychium coronarium

分類: 球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 100cm〜150cm
花径: 約 10cm
花色: 黄色、白
掘り上げ: 霜の降りる前
増やし方: 分球
場所: 日向〜半日蔭
用途: 鉢植え、花壇(暖地)、切り花
花言葉: 信頼
通販店: 楽天市場にあり
ジンジャーリリーは甘いよい香りのする花で、切り花にすると部屋がよい香りがします。花は下から上の方へ向かって咲いてゆき、香りがよいので香料としても栽培されています。別名のシュクシャは漢方薬の縮砂とは別の種類で、香辛料のジンジャーとも別の種類です。寒さにやや弱いですが、暖地では庭植えで地上部を枯らせて越冬します。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向〜半日蔭
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料
鉢の水やり
断水 表面が乾けば 表面が乾いてきたら 表面が乾けば 断水

ジンジャーリリー
10月下旬、自宅の庭

ジンジャーリリーの全体
10月下旬、自宅の庭

ジンジャーリリーのアップ
10月下旬、自宅の庭

ジンジャーリリーの蕾
10月下旬、自宅の庭

満開のジンジャーリリー
11月上旬、自宅の庭

ジンジャーリリーの育て方

植え付け

球根の植え付け時期は4月から5月頃に行います。草丈が1m以上と大きくなるので、鉢植えでは8号以上の大きな鉢に植え付けます。庭植えでは日当たりがよい所から午前中の日光が当たるような半日陰で、水はけのよい所に腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで植え付けます。右のポット苗は前年の秋に購入したポット苗を越冬させ、春に植え付けたものです。冬は地上部を枯らせて越冬します。
ポット苗の植え付け(3月下旬)

開花(11月上旬)

植え替え

時期は4月から5月頃に、必要なら分球も行ってから植え替えます。用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、ピートモス1などで植え替えます。暖地の花壇ではよく殖えるので、殖え過ぎた場合は掘りあげて分球して植え付ければよいです。

球根の堀上げ

半耐寒性ですが、暖地では特に掘り上げる必要はありません。霜が降りてくる時期になれば葉が枯れてくるので、枯れたら葉を根本から切って、地面に簡単な霜よけなどして越冬させます。寒地では球根を掘り上げて保存しておきます。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。春から秋の水切れを嫌うので、生育期の水切れは注意してください。庭植えではあまり雨が降らずに乾燥するようなら与えます。冬は葉が枯れて休眠するので、水を与える必要はありません。

肥料

5月から10月まで骨粉入りの固形油かすなどを定期的に与えます。

増やし方

分球

分球で増やすことができます。植え替えと一緒に行います。

花茎切り

花が咲き終わったら花茎を切り取ります。花の咲いたものを切り花にすると、部屋がよい香りがします。