トップスカビオサ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

スカビオサ

別名:セイヨウマツムシソウ(西洋松虫草)
科・属名:マツムシソウ科・スカビオサ属/原産地:南ヨーロッパ/学名:Scabiosa atropurpurea

分類: セイヨウマツムシソウ(一年草)
コーカサスマツムシソウ(多年草)



草丈: 60cm〜80cm
花序: マツムシソウ(約 3cm〜4cm)
コーカサスマツムシソウ(約 8cm)
花色: 白、赤、黄色、桃色、青など
種まき: 秋蒔き
発芽温度(20℃前後)
箱まき、ポットまき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー
花言葉: 風情、感じやすい、魅力、恵まれぬ恋、朝の花嫁
通販店: 楽天市場にあり
日本のマツムシソウとは異なるセイヨウマツムシソウ(スカビオサ)です。スカビオサは暑さに弱く、暖地では夏に枯れてしまう一年草になります。他にコーカサスマツムシソウという花径が8cmぐらいと大きい花を咲かせる、多年草タイプのスカビオサもあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 半日蔭(コーカサス) 日向
種まき
種まき 仮植え 定植
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う)
スカビオサ
スカビオサ
5月下旬、自宅の庭
スカビオサ(赤)
スカビオサ(赤)
6月上旬、自宅の庭

スカビオサ2
6月下旬、自宅の庭
スカビオサの全体
スカビオサの全体
5月下旬、自宅の庭
コーカサスマツムシソウ
コーカサスマツムシソウ(青)
5月下旬、自宅の庭

コーカサスマツムシソウ(白)
5月下旬、自宅の庭

スカビオサの育て方

場所

日当たり好むので、日当たりのよい場所で育てます。一年草タイプのスカビオサは夏に枯れてしまいますが、多年草タイプのコーサスマツムシソウは夏を超える事があるので、夏は半日蔭で越させます。

植え付け

秋や春に苗が売られている事があるので、入手したら植え付けます。一年草のタイプの用土は市販されている花の培養土や、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などでかまいません。コーサスマツムシソウは夏の高温多湿を嫌うので山野草の培養土などに植え付けるとよいと思います。花壇では中性からアルカリ性土壌を好むので苦土石灰、元肥に堆肥などを混ぜ込んで30cmぐらいの間隔で植え付けます。

種まき

スカビオサの種まきは9月中旬〜10月頃まで行えます。種まきの方法は箱まきポットまきで行うのがよいと思います。箱まきでは本葉が3枚ほど出たらポットに仮植えして、根が回ってきたら30cmぐらいの間隔で定植します。用途は植え付けの項目と同じです。寒さには比較的強いので、暖地では特に霜よけしなくても大丈夫です。
10月中旬 10月下旬 11月下旬 6月上旬

種まき後 約2週間

仮植え

定植(霜よけなし)

開花

植え替え

多年草タイプのコーサスマツムシソウは夏を超えたら、春の3月頃に植え替えます。用土は植え付け用土と同じです。2年ぐらいすると枯れるてしまう事があるので、挿し芽して苗を作り直すとよいです。

水やり

過湿を嫌います。プランターなどでの鉢植えでは鉢土の表面く乾けば与えます。花壇では植え付け後しばらくはあまり乾かさないよう注意しますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

肥料が多いと草丈が高くなって倒れやすいので、あまり多く必要ありません。プランターなどでは緩効性の化成肥料などを置き肥するぐらい、花壇では元肥に牛糞などを混ぜ込んでいれば、その後は追肥として即効性の化成肥料などを春に1回ぐらい与えればよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

支柱

草丈が高くなると雨や風で倒れやすくなるので、支柱を立てて支えておきます。
関連リンク