トップセンニチコウ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

センニチコウ (千日紅)

別名:センニチソウ(千日草)
科・属名:ヒユ科・センニチコウ属/原産地:熱帯アメリカ/学名:Gomphrena

分類: 一年草
寒さ: 寒さで枯れる
暑さ: 強い
草丈: 高性(40〜60cm)、矮性(15cm〜25cm)
花径: 1.5cm〜2.5cm
花色: 紫色、桃色、白、赤など
種まき: 春まき
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき、直まき
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、切花、ドライフラワー
花言葉: 変わらぬ愛情、不朽、不滅
通販店: 楽天市場にあり
センニチコウは春まきの一年草植物になります。この仲間は90種類ぐらいがあるそうですが、日本で一般的に出回っているのはこのグロボーサとハーゲアナという品種です。2cmぐらいの丸い花に見えるのは厳密には苞で、中に小さく咲いているのが花です。夏から秋にかけて次々と咲かせ続け、百日紅よりも長く咲くので千日紅という名前になったようです。 丈夫で育てやすく、種まきはよく発芽するので容易で、高性種もあまり倒れる事がなです。とても蝶が好む花で、花の回りには蜜を求めて沢山集まってきます。切り花の他、カサカサとした花でドライフラワーにも向いています。

グロボーサ(G.globosa)

紫色、桃色、白色があります。高性種で切り花にも向いている草丈が60cmぐらいになる品種、矮性種で草丈が25cmぐらいでコンパクトな品種もあります。原産地は熱帯アメリカ原産と記載されているものが多いのですが、インド原産との説もありハッキリと分かっていません。

ハーゲアナ(G.haageana)

種類はキバナセンニチコウという黄橙色のものと、ストロベリーフィールドという赤いものがあります。草丈は50cmぐらいになる高性です。テキサス州からメキシコに自生しているそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
肥料
肥料
鉢の水やり
表面が乾けば与える

センニチコウ
8月下旬、自宅の庭

苞と花
10月下旬、自宅の庭

センニチコウ(紫など)
9月上旬、自宅の庭

センニチコウの全体
9月上旬、自宅の庭

センニチコウとセセリ蝶
9月上旬、自宅の庭

センニチコウとモンシロチョウ
9月中旬、自宅の庭

センニチコウの育て方

植え付け

春に苗が出回る事があるので、購入したら植え付けます。

鉢植え

水はけのよい用土を好みます。花の培養土を使用したり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などに、普通の種類の苗なら65cmプランターに3株を目安に植えつけます。直根で深く根が張るので深めの鉢が良いです。

花壇

日当たりのよい所に、強い酸性土壌は嫌うので苦土石灰、牛糞などの堆肥を混ぜ込んで20cmから30cmぐらいの間隔に定植します。

種まき

時期は春の4月中旬から5月中頃、発芽には20度以上が必要なので、春の気温が十分に上がってから行うようにします。方法は箱まきで行うとよいと思います。種が隠れるぐらいに軽く覆土します。箱まきでは本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら植えつけます。開花後に採っていた種は毛が着いて箱には蒔きにくいので、直まきして20cmから30cmぐらいに間引いてもよいです。その他は植え付けの項目をご覧ください。

箱まき(5月下旬)

定植前

場所

日当たりのよい所を好むので、できるだけ日が当たる所で育てます。

水やり

乾燥には比較的強く過湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では植え付け後はしばらく乾かし過ぎないように注意しますが、その後は日照り続きで雨が降らず、土が乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

あまり肥料は多く必要ありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料など置き肥するぐらい、花壇では元肥に堆肥を混ぜ込んでいれば、初夏と秋に即効性の化成肥料などを控えめに追肥するぐらいでよいです。肥料については肥料の使い方を参考にしてください。

種採り

開花後に種が容易に採れるので、翌年の春に蒔いてまた花を咲かせる事ができます。 種には毛がついて狭い箱には蒔きに難いので、直まきすると楽でよいです。
関連リンク