トップシダレザクラ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

シダレザクラ (枝垂れ桜)

別名:イトザクラ(糸桜)
科・属名:バラ科・サクラ属/原産地:日本全国分布/学名:Prunus subhirtella var. pendula (1891)

分類: 落葉高木
寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 10m〜20m
花径: 約 2、5cm
花色: 桃色、白
場所: 日向
水やり: 庭木(普通)
肥料: 骨粉入り固形油粕など
花芽分化: 7月中頃〜
用途: 庭木
花言葉: シダレザクラ(優美)
通販店: 楽天市場にあり
枝垂れ桜は下がった枝に花を咲かせるので、他の桜と一味違った雰囲気のある樹形をしています。種類は薄紅色をした花で、ソメイヨシノよりも早咲きの枝垂れ彼岸、紅色の花を咲かせる一重紅花枝垂れ桜、八重紅花枝垂れ桜、やや花色の濃い紅枝垂れ桜などがあります。人工的に作りだしたものではなく、エドヒガン系の桜が突然変異したものです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
植え付け
植え付け 植え付け
剪定
不要枝の剪定 剪定
肥料
寒肥 肥料

シダレザクラ(枝垂れ桜)
3月下旬、日田(大原のしだれ桜)

シダレザクラ(枝垂れ桜)2
3月下旬、別府(安楽寺のしだれ桜)

シダレザクラの花
3月下旬、別府(安楽寺のしだれ桜)

シダレザクラの花2
3月下旬、別府(安楽寺のしだれ桜)

一重紅枝垂れ桜
4月上旬、大分県臼杵市

一重紅枝垂れ桜のアップ
3月下旬、植物園

八重紅枝垂れ桜
4月上旬、植物園

八重紅枝垂れ桜のアップ
4月上旬、植物園

なぜ垂れる

本来は枝が上へ伸びるよう「あて材」というものが形成されるのですが、それが形成されず下がってしまいます。これはジベレリンと言う成長するのに必要なホルモンが関わっているそうで、何らかの原因で枝に行きわたらなくなったようです。ジベレリンは販売されており、植物の伸長促進、開花促進、着果促進、果実肥大、種なしブドウを作る目的などでよく使われています。枝垂れ桜に散布すると枝が垂れなくなるそうです。

国の天然記念物

三春滝桜

福島県三春町にある樹齢約1000年を超える紅枝垂れ桜です。日本三大桜の一つで、樹高は13.5m、幹周りは8.1m、枝張りは東西に25m、南北に20mもある巨木です。 開花は4月中旬から下旬頃です。二本松市には三春滝桜の子になる、樹齢300年の福田寺の糸桜もあります。また東新殿地区には、その子になる樹齢170年の合戦場のしだれ桜もあります。

龍谷寺のモリオカシダレ

岩手県盛岡市の龍谷寺にある珍しい新種の枝垂れ桜です。枝垂れ彼岸に近く、ソメイヨシノに近い葉をしています。樹齢は150年ぐらい、樹高は約6.1m、幹周りは約2.2m、枝張りは約8mあります。開花は4月中旬から下旬頃です。

角館のシダレザクラ

秋田県仙北市の武家屋敷が残っている周辺にある枝垂れ彼岸です。400本程が植えられており、その中の162本が天然記念物に指定されています。350年ぐらい前、京都から来た姫の嫁入り道具の中にあった3本の苗木から増やされたそうです。 開花は4月中旬から5月上旬頃です。

常照寺の九重ザクラ

京都市右京区の常照皇寺にある紅枝垂れ桜です。樹齢は約650年、樹高は10m、幹周りは4.4m、枝張りは20mぐらいあり、見頃は4月中旬頃です。他に枝垂れ桜ではありませんが、御車返しという一重と八重が一緒に咲くオオシマザクラ系の品種で樹齢が約400年ある古木、左近の桜というヤマザクラ系の品種で京都御所から移されたいう樹齢約150年の古木もあります。
関連リンク