トップストケシア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ストケシア

別名:ルリギク(瑠璃菊)
科・属名:キク科・ストケシア属/原産地:北アメリカ南部/学名:Stokesia laevis

分類: 多年草


寒さ: 強い
暑さ: 強い
草丈: 40cm〜50cm
花径: 7〜8cm
花色: 紫色、桃色、白色、淡い黄色など
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切り花
花言葉: 清楚な娘、追想
通販店: 楽天市場にあり
ストケシアは夏から秋に7cmぐらいの花を咲かせる多年草植物です。花色が綺麗な瑠璃色をしているので、別名にルリギクという名前もあります。花色は瑠璃色の他に桃色、白色もあります。育てるのはやや高温多湿を嫌いますが、比較的丈夫で育てやすい植物です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
株分け
株分け 株分け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う)
ストケシア
ストケシア
6月下旬、自宅の庭

ストケシア2
6月下旬、自宅の鉢植え

ストケシアの花茎
6月下旬、自宅の鉢植え

ストケシアの葉
6月下旬、自宅の鉢植え

ストケシアの育て方

場所

日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。夏の高温多湿を嫌うので、鉢植えでは梅雨時期は軒下などに置いておくとよいです。冬の寒さには強く暖地では常緑で越冬します。

植え付け

春や秋に苗が売られている事があるので、入手したら植え付けます。鉢植えの用土は水はけによい用土を好むので、花の培養土にパーライトを2割ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などに植え付けます。花壇では苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

鉢植えの植え替えは2年に1回を目安に、鉢底から根が出て根詰まり気味なら植え替えます。時期は春の3月から4月頃、秋の9月下旬から10月頃に行うとよいと思います。庭でも数年してよい花が咲かなくなったら、株分けを兼ねて植えなおすとよいです。用土は植え付けの項目と同じです。

水やり

過湿を嫌います。鉢植えの水やりは鉢土の表面が乾いたら与えます。庭では通常は必要ありませんが、雨が降らず乾き過ぎるようなら与えます。

肥料

鉢植えでは春と秋に緩効性の化成肥料などを置き肥します。庭では春と秋に骨粉入りの油粕などを与えます。

増やし方

株分け

株分けで増やす事ができます。細かく分けないよう、3芽から5芽ぐらい付けて株分けします。時期は植え替えと一緒に行います。

根伏せ

根伏せでも増やす事ができます。太めの根を数センチ切り取ってポットなどに植えると芽が出てきます。時期は植え替え時期と同じです。

花がら摘み

花が咲き終わった花がらは、次もよい花を咲かせるよう切り取ります。種ができるので、種を採りたい場合は残しておきます。種は一つの花に一つだけでき、秋に種まきして増やす事もできます。
関連リンク