トップストレプトカーパス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ストレプトカーパス

科・属名:イワタバコ科・ストレプトカーパス属/原産地:熱帯アフリカ/学名:Streptocarpus

分類: 多年草


寒さ: 弱い(10度以上)
暑さ: やや弱い
草丈: 20cm〜30cm
花径: 有茎種(約 3cm)
無茎種(3.5cm〜6cm)
花色: 青、紫、ピンク、白など
場所: 半日陰
種まき: 種まき(春まき)
増やし方: 挿し木(有茎種)、葉挿し(無茎種)
用途: 鉢植え
花言葉: 信頼に応える、主張
通販店: 楽天市場にあり
ストレプトカーパスはアフリカ南東部の標高1000mから1500mの山地に自生しています。南半球では冬の乾季(4月〜10月)、夏の雨季(11月〜3月)がある所で、森林の中の岩の多い所や川岸などに生えているそうです。名前の由来はラテン語で「ねじれる果実」という意味で、実が捻じれてらせん状になります。種類が大まかに有茎種と無茎種に分けられ、花はラッパのような形をしています。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
室内の日向(10度以上) 半日蔭 明るい日陰 半日蔭 室内の日向
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し木・葉挿し
挿し木・葉挿し 挿し木・葉挿し
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(葉に水がかららないように注意) 控えめ

有茎種(ストレプトカルペラ亜属)

44種ほどがあり、ストレプトカーパス・サクソルム(Streptocarpus saxorum)というのをよく見かけ、地面から茎が伸び、途中から花茎を伸ばし、先端に3cmぐらいの小さな花を咲かせます。 花色は青をよく見かけますが、白花もあります。

ストレプトカーパス・サクソルム
11月上旬、植物園

ストレプトカーパス・サクソルムの全体
11月上旬、植物園

ストレプトカーパス・サクソルム(白)
9月中旬、植物園

ストレプトカーパス・サクソルムの長い花茎
9月中旬、植物園

無茎種(ストレプトカルプス亜属)

1枚葉タイプ

70種ほどがあるそうです。葉は双葉あるのですが、一葉だけがとても大きく成長します。この種類は一生に一度だけ花を咲かせ、種が実った後に枯れる一捻性が多いです。植物園で見かける事のあるウシノシタ(ストレプトカーパス・ウェンドランディー)もこの一種で、葉の長さが50cmぐらいになります。

ロゼットタイプ

20種ほどあり、株元から複数の葉が伸びて、花茎の先に花を咲かせます。また、花色が豊富で、花径も3.5cmぐらいの花を咲かせる種類から6cmぐらいで大輪の花を咲かせる種類もあります。 やや暑さに弱いようで、植物園では夏に元気をなくしていましたが、秋になって涼しくなると花を沢山咲かせていました。

ストレプトカーパス(ロゼットタイプ)
11月上旬、植物園

ストレプトカーパス(ロゼットタイプ)の全体
11月上旬、植物園

ストレプトカーパス・クリスタルアイズ
11月上旬、植物園

ストレプトカーパス(ロゼットタイプの紫)
10月上旬、植物園

ストレプトカーパスの育て方

場所

強い日差しを避けた、木漏れ日の当たるような日差しを好みます。春や秋の日差しの弱い時期は午前中の日光が当たる半日陰に、室内ではレースカーテン越しの日光に当てて育てます。標高の高い所で育つ暑さを嫌う植物なので、夏はできるだけ涼しく風通しのよい明るい日陰で育てます。特にロゼットタイプで大輪の花を咲かせる種類は暑さを嫌います。夏の日差しを遮る場所がない場合は、80%ぐらいの遮光ネットや50%の遮光ネットを二重にして覆ってもよいです。冬の寒さには強くないので、冬は室内の日当たりがよい窓辺などに置きます。耐寒温度はストレプトカーパス・サクソルムは比較的強く、最低温度5度以上あればよいですが、ロゼットタイプは寒さに弱いので、10度以上の所で越冬させます。

植え付け

ポット苗が売られている事があるので、入手したら植えつけます。鉢植えは大き過ぎないよう、ポットより一回りだけ大きな鉢に植えつけます。ストレプトカーパス・サクソルムは吊り鉢にすると感じがよくなります。用土は水はけのよい用土、例えばPH調節済みのピートモス、バーミキュライト、パーライトを等量混ぜたものなどを使用します。
吊り鉢

水やり

生育期の春から秋は、鉢土の表面が乾けばたっぷりと与えます。夏の熱帯夜で根腐れする事があるので、夏は早朝に与えた方がよいです。冬は気温が低いと生育が鈍るので控えめに与えます。寒くてあまり成長していない時期に、水を与え過ぎてしまうと根腐れする事があるので注意してください。

肥料

春の4月から6月、秋の9月から10月頃の間、緩効性の化成肥料を置き肥したり、定期的に花の液体肥料を与えます。

植え替え

時期は春の5月頃、できるだけ毎年植え替えます。古くなった株は取り除き、若い株だけ株分けして4号鉢に1株、5号鉢に2、3株を目安に植え替えます。用土は植え付けの項目と同じです。

増やし方

挿し木、葉挿し

有茎種は挿し木、無茎種のロゼットタイプは葉挿しで増やす事ができます。有茎種は2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取り除き、取った節が用土に埋まるように挿します。無茎種の葉挿しは5cmぐらい間隔に切ります。発根率のよい葉の中央部分を利用し、切った面が用土に半分ぐらい埋まるように挿します。時期は5月から6月頃、9月中旬から10月中頃に、用土はバーミキュライトなどを使用するとよいです。

種まき

種まきで増やす事ができます。種が細かいので平鉢などに蒔いて覆土は行いません。水やりは上から行うと流れるので、鉢底に受け皿を敷いて給水させるとよいです。

病気や害虫

ハダニやアブラムシがつく事があります。ハダニは乾燥すると着きやすいので、葉水をすると予防する効果があります。アブラムシは日当たりが悪かったり、通風しが悪かったりすると発生する事があります。殺虫剤は花にかかると痛むので注意してください。
関連リンク