トップチェイランサス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

チェイランサス

別名:エリシマム、ウォールフラワー
科・属名:アブラナ科・エリシマム属/原産地:ヨーロッパ/学名:Cheiranthus allionii

分類: 一年草または多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや弱い〜弱い(種類による)
草丈: 15cm〜60cm(矮性:約15cm)
花径: 1cm〜2.5cm
花色: 橙色、黄色
種まき: 秋まき
発芽温度(18℃〜25℃)
直播、箱まき(やや移植を嫌う)
増やし方: 挿し木
場所: 日当たりを好む(夏は明るい日陰)
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 愛の絆
通販店: 楽天市場にあり
チェイランサスの花は橙色や黄色で大きさが1cm〜2.5cmぐらいの花を咲かせる、一年草または多年草の植物です。和名でニオイアラセイトウと呼ばれ芳香もあります。下の写真で橙色をした花はシベリアン・ウォールフラワーと呼ばれる草丈が低い矮性の種類で、鮮やからオレンジ色の花を咲かせます。本来は多年草ですが、暑さに弱いので秋まき一年草扱いされています。涼しい地域では夏に種を蒔くと、秋に花を咲かせる事ができるようです。その下の紫色の花を咲かせる宿根タイプもあり、これも夏に弱いので一年草扱いにされる事が多いそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 明るい日陰 日向 日向(霜よけ)
種まき
種まき 仮植え 定植
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木 挿し木
切戻し
花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える

チェイランサス
5月上旬、自宅のプランター

チェイランサスの全体
5月上旬、自宅のプランター

秋のチェイランサス
10月下旬、公園

黄色のチェイランサス
10月下旬、公園

宿根チェイランサス
4月下旬、自宅の鉢植え

宿根チェイランサスの全体
4月下旬、自宅の鉢植え

チェイランサスの育て方

種まき

チェイランサスの種まき(プランターに直播き)

種まき後、約2ヶ月(12月上旬)

3月下旬
種まきの時期はやや発芽温度が高く暑さに弱いようなので9月下旬から10月中旬頃にまくのがよいと思います。方法はプランターなどの鉢に直播きするか、箱まきして本葉が5枚ぐらいになったらポットに仮植えします。ポットに移植の際は直根でやや移植を嫌うので丁寧に行います。ポットに根が回ってきたら20cmぐらいの間隔で定植します。鉢植えの用土は赤玉土6、腐葉土4ぐらいの水はけのよいごく普通の用土でかまいません。花壇に植えつける場合は酸性土壌を嫌うので苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜて植えつけます。霜には強くないので、庭では霜除けして植え付け、鉢植えでは霜の当たらない軒下などで越冬させます。

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。夏の暑さに弱く枯れる事があるので、一年草扱いされていますが、種類によって明るく涼しい日陰で育てると夏を越える事があります。左のは夏を越したシベリアン・ウォールフラワーという種類です。冬の寒さにはあまり強くないので、庭では霜よけ、鉢植えでは霜が当たらない日当たりの良い軒下などで越冬させます。

水やり

鉢植えでは鉢土が乾けば与えますが、乾燥を嫌うので乾かし過ぎないように注意してください。花壇では植え付け後はしばらく乾かさないようにしますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えます。その他は花の水やりを参考にしてください。

肥料

春と秋に鉢植えでは緩効性の化成肥料や液体肥料などを定期的に与えます。花壇では植え付けの際に元肥として腐葉土に牛糞などを混ぜて植え付け、春の間に即効性の化成肥料などを定期的に追肥します。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

植え替え


植え替え前

植え替え後
種類によって夏の暑さを超える事があるので、超えた場合は秋の涼しくなった10月頃に植え替えます。写真は宿根チェイランサスが夏を越えたので秋に一回り大きな鉢に植え替えた時のものです。九州の大分市で猛暑だったにも関わらず、問題なく夏を超えたので、宿根チェイランサスの夏超えはそう難しくないように思えました。小苗の方が夏超えしやすいので、春に挿し木しておいてもよいと思います。その他は花の植え替えを参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。若い方が夏越えがしやすいと思うので、夏を越えたら秋に挿し木して作りなおすとよいと思います。挿し木の時期は秋の9月頃がよいと思いますが、春の5月頃にも行えます。

切り戻し

開花した花茎を切り戻すと、再び花茎が伸びて花を咲かせる事があります。花後は風通しをよくするために切り戻し、明るい日陰で夏を越させると、種類によって夏を超す事があります。
関連リンク