トップダリア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ダリア

別名:テンジクボタン(天竺牡丹)
科・属名:キク科・ダリア属/原産地:メキシコ/学名:Dahlia

分類: 球根植物


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
草丈: 20cm〜100cm(矮性種:20cm〜30cm)
花径: 3cm〜30cm
花色: 赤、桃色、橙色、白、紫、黄色など
種まき: 春蒔き(4月〜5月中旬)
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき
増やし方: 分球、挿し木
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え、切花
その他: ガーデンダリアの特徴は葉が黒っぽい
花言葉: 華麗、優雅、威厳、感謝
通販店: 楽天市場にあり
ダリアは6月から7月、9月から10月頃に花を咲かせる球根植物です。種類が豊富で10000種類以上の園芸品種があるそうで、球根植物の他に夏越しが難しい一年草タイプ、木化して大きくなる木立ダリア(皇帝ダリア)、矮性種であまり草丈が高くならない種類もあります。花の形はいろいろなタイプがあり、八重咲きで筒状の花を沢山咲かせるポンポン咲きの他、一重咲きのシングル咲き、内側に花びらと異なる色をした副弁のついたコラレット咲き、花びらの尖ったオーキット咲きなどがあります。花色も豊富で単色や色の混じった花色があります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
鉢植え(0度以上) 日向 防寒
種まき
種まき 仮植え 植え付け
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
分球
分球
挿し木
挿し木
掘り上げ
掘り上げ
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える
ダリア(シングル咲き)
ダリア(シングル咲き)
6月上旬、自宅の庭
ガーデンダリア(ロキシー)
ガーデンダリア(ロキシー)
5月下旬、植物園
ダリア(デコラディブ咲き)
ダリア(デコラディブ咲き)
9月下旬、公園
ガーデンダリア(紫)
ガーデンダリア(紫)
6月中旬、植物園

ダリア(variabilis)の全体
6月上旬、自宅の庭
矮性ダリア
矮性ダリア
6月上旬、植物園

矮性ダリア(赤)
7月下旬、植物園

矮性ダリア
6月中旬、植物園

ダリアの育て方

植え付け

球根の植え付けは3月中旬から4月頃に行います。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などにあればマグァンプK(中粒)などの元肥を入れて3cmぐらい埋めて植えつけます。鉢の大きさは大輪種で8号から10号鉢に1球を目安に、小輪で6号鉢に1球を目安に、草丈の低い矮性ダリアは5号鉢に1球を目安に植え付けます。花壇では苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで、深さ10cmぐらいに埋めて植えつけます。植えつける際は球根を横に寝せて、芽が上に伸びるように植えつけます。株間は種類によって異なりますが、背が高くなる小輪から大輪の種類は30cmから80cmぐらいの間隔、草丈の低い矮性ダリアは15cmぐらいの間隔に植え付けます。

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。寒さにはあまり強くないので、鉢植えでは冬は凍らないような所で越冬させます。暖地では路地植えで越冬します。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇では日照り続きで雨が降らず、乾き過ぎるようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

春と秋に鉢植えでは緩効性の化成肥料などを、花壇では骨粉入りの固形油粕などを与えます。夏は生育が鈍るので与えません。肥料については肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は春の5月から6月頃に行うのが理想的ですが、秋の9月頃にも行えます。

種まき

種まきで育てる事ができ、その年には花を咲かせる種類もあります。時期は4月頃に、方法は箱まきで種が隠れるように軽く覆土を行います。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら定植します。右のは箱まきした「variabilis」という草丈が40cmぐらいの種類で、蒔いた年の秋には花を咲かせ球根に育ちました。

支柱

草丈が高い種類は、雨の重みや風で倒れてしまう事あるので、支柱で支えます。

切り戻し

大輪ダリアのわき芽かきと切り戻し

大きな花を咲かすダリアは、切り戻しとわき芽かきを行うと大きな花を咲かせます。
1番花を咲かせる
基部の3節のわき芽と最上部の蕾以外のわき芽を全て取り除きます。基部の3節は新しく茎を伸ばして次の花を咲かせるため、最上部の蕾は花を咲かせるために残します。最上部の花が終わったら、基部に残した3節から上を切り戻します。
2番花を咲かせる
残した3節から茎が伸びたら、基部の1節のわき芽と最上部の蕾以外のわき芽を全て取り除きます。基部の1節は新しく茎を伸ばして次の花を咲かすため、最上部の蕾は花を咲かせるために残します。最上部の花が終わったら、基部に残した1節から上を切り戻します。
それ以降の花を咲かせる
花が終わるまで、2番花を咲かせる要領で、わき芽かきと切り戻しを繰り返します。

※切り戻しは真夏に行うと切り口が腐る事があるので、真夏を避けて行います。

小型ダリアの切り戻し

真夏は生育が鈍るので花を咲かせず、初夏の7月上旬頃に樹形の3分の1から2分の1ぐらい切り戻して、秋に花を咲かせます。

掘り上げ

寒さにやや弱いですが、暖地では特に堀上げずに越冬できます。寒い所では秋の初霜が降りる頃に茎を切って堀上げます。堀上げた球根から土はできらけ取り除かずに日陰で乾かし、ダンボールなどの中に乾いた土やピートモスなどと一緒に埋め、室内の凍らないような場所に保存しておきます。球根を裸のまま保存しておくと、ひどく乾燥して縮んで使えなくなることがあるので注意してください。

増やし方

分球

分球して増やす事ができます。時期は植えつける前に行います。茎に球根が引っ付いている基部に芽があるので、必ずその芽を付けて分球します。芽をつけないで分球すると、茎が伸びないので注意してください。

病気や害虫

葉が白くなってうどん粉病になる事があります。定期的にダコニール1000などの殺菌剤を散布して予防するとよいです。また、害虫のアブラムシやハダニが付く事があるので、見つけたら殺虫剤を散布して駆除します。その他は花の病気や害虫を参考にしてください。
関連リンク