トップダンギク 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ダンギク (段菊)

別名:カリオプテリス
科・属名:クマツヅラ科・カリガネソウ属/原産地:日本、朝鮮半島南部、中国南部/学名:Caryopteris incana

分類: 多年草


寒さ: 強い
暑さ: 強い〜やや弱い
草丈: 50cm〜100cm
花色: 紫、白、桃色
種まき: 春まき
発芽温度(約20℃)
増やし方: 株分け、挿し木
場所: 日当りを好む
用途: 花壇、庭、野草
花言葉: 悩み、忘れ得ぬ思い
通販店: 楽天市場にあり
ダンギクは西日本の温暖な地域の、山の岩場などに自生しています。花は下から上に向かって段々に咲き、葉が菊に似ているのでこのような名前になっているようです。花色は紫色が一般的ですが、他に桃色、白花を咲かせるものもあります。育てるのはやや寒さに弱いので、寒い地域では寒さ対策が必要ですが、暖地では特に防寒しなくても庭植えでも育てやすいです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し木
挿し木
切り戻し
半分 元から
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば 毎日 表面が乾けば 控えめ
ダンギク
写真:ダンギク
9月中旬、自宅の庭
ダンギクのアップ
写真:ダンギクのアップ
9月中旬、自宅の庭

ダンギクの育て方

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。寒さにはあまり強くありませんが、暖地では庭植で特に防寒せずに、冬は地上部の葉が枯れて根だけで宿根して越冬します。春になると新芽が出てきます。

植え付け

春や秋に苗が売られている事があるので、入手したら植えつけます。鉢植えの用土は普通の花の培養土に赤玉土(小粒)を2割ほど足して水はけをよくしたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)7、腐葉土3などに、65cmプランターでは3株を目安に植えつけます。庭では日当たりがよく夏の西日の当たらない所に、水はけが悪いようなら腐葉土を元肥に牛糞などを混ぜて、20cmから30cmぐらいの間隔に植えつけます。

水やり

普通の水やりでよいです。鉢植えでは、鉢土の表面が乾けば与えます。夏の日差しの下ではよく乾くので、毎日の水やりになります。冬は葉が無くなり根だけで越冬するので、用土が乾き過ぎないよう水やりします。

肥料

肥料は多く必要ありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料を4月から6月に置き肥するぐらいでよいです。庭では元肥に牛糞を混ぜて植えつければ、6月頃に即効性の化成肥料を追肥するぐらいでよいです。植えっぱなしのものは3月下旬頃、6月頃に骨粉入りの固形油粕などを蒔いておきます。

植え替え

根詰まりしやすいので、株分けを兼ねて毎年植え替えます。時期は3月下旬〜4月頃に行うとよいです。庭でも数年して株が増えすぎたら、株分けを兼ねて植え替えます。用土などは植え付けの項目と同じです。

増やし方

種まき

種が売られている事があります。暖地での種まき時期は春の3月から4月頃、発芽率はよい方です。方法は箱まきして、覆土は薄く行います。本葉が2、3枚になったらポットに仮植えして、根が回ってきたら定植します。その他は植え付けの項目を参考にしてください。
5月中旬 6月上旬

仮植え(種まき後約1カ月)

定植前

定植後

株分け

株分けで増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

挿し木

挿し木でも増やす事が出来ます。時期は5月頃に3節ぐらいの挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取り除きます。水を入れたコップなどに30分ほど浸けて水揚げします。あれば発根促進剤を付けて、葉の取った節が用土に埋まるように挿します。

切り戻し

5月頃に半分ぐらい切り戻すと、枝数が増えて花の数を増やす事ができます。秋が深まって葉が枯れてきたら、株元から5cmぐらい残して切り取ります。春になると新芽が伸びてきます。

支柱

草丈が高くなって、強風や雨の重みで倒れてしまう事があります。支柱で支えておくとよいです。
関連リンク