トップタマシャジン 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

タマシャジン (玉沙参)

別名:フィテウマ・コメットスター、カンパニュラ・コメットスター
科・属名:キキョウ科・フィテウマ属/原産地:ヨーロッパ/学名:Phyteuma scheuchzeri

分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや弱い
草丈: 20cm〜40cm
花径: 2.5cm〜3.5cm
花色:
種まき: 春、秋
増やし方: 株分け(植え替え時)
場所: 日当たりを好む(夏は風通しのよい半日陰)
用途: 花壇、鉢植え
通販店: 楽天市場にあり
タマシャジンはヨーロッパ原産の高山植物で、岩場などに生息しているそうです。コメットスターという別名があり、彗星をイメージしたのか青色の涼しげな花を咲かせます。育てるのは岩場などに生息する高山植物で、暑さと多湿にやや弱い植物です。水はけがよい山野草の土などに植えて、夏を風通しのよい半日蔭で育てるとよいです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 半日蔭 日向
植え付け
植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う) 控えめ
タマシャジン
タマシャジン
5月中旬、自宅の鉢植え

タマシャジン2
5月下旬、自宅の鉢植え

タマシャジン3
5月下旬、自宅の庭
タマシャジンの全体
タマシャジンの全体
5月中旬、自宅の鉢植え

タマシャジンの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。夏の高温多湿にやや弱い高山植物なので、鉢植えは長雨に当てないよう、夏は強い日差しを避けた風通しのよい半日陰で育てます。うちは暖地で高山植物は暑さで枯れる事がよくあるのですが、こちらは比較的容易に夏を超えてくれます。冬の寒さには強く、葉が枯れて宿根して越冬します。
宿根からの目覚め(3月上旬)

水やり

多湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。

肥料

あまり肥料は多く必要ありません。春の4月頃と秋の9月下旬頃に緩効性の化成肥料などを与えるぐらいでかまいません。

植え付け

春に苗が売られている事があるので入手したら植え付けます。蕾を持った株や開花株は根鉢を壊さないように植え付けます。鉢植えの用土は高温多湿を嫌う高山植物なので、山野草の培養土などに植え付けるとよいです。暖地の庭にも植え付ける事ができます。場所は日当たりのよい所がよいですが、夏の強い日差しを嫌うので、夏の強い日差しの当たらない半日蔭がよいです。水はけのよい所で育つので、腐葉土などをよく混ぜ込んで、水はけを良くしてから植え付けます。

植え替え

毎年植え替えるのがよいです。時期は3月頃になると新芽が出てくるので、新芽が出てくる3月頃に行うのがよいと思います。根鉢の回りを3分の1ほど軽く壊して、必要なら株分けを兼ねて植え替えます。用土は山野草の培養土などで植え替えます。

増やし方

株分け

株分けで増やす事ができます。適当な大きさの塊に切り分ければよいです。時期は植え替えと一緒に行います。

花茎切り

花の終わった花茎は切り取ります。種が取れて種まきでも増やせるので、種を取りたい場合は残しておきます。
関連リンク