トップトレニア 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

トレニア

別名:ナツスミレ(夏菫)、ハナウリグサ(花瓜草)
科・属名:ゴマノハグサ科・トレニア属/原産地:インドシナ半島、アフリカ/学名:Torenia

分類: 一年草タイプ、多年草タイプ


寒さ: 一年草タイプ(冬に絶える)
多年草タイプ(非耐寒性)
暑さ: 強い
草丈: 約 20cm〜30cm
花径: 約 2cm〜3cm
花色: 紫、桃色、白、黄色など
種まき: 春まき
発芽温度(20℃〜25℃)
箱まき、ピートバンなど(覆土しない)
増やし方: 挿し芽
場所: 一年草タイプは日向
多年草タイプは日向〜半日蔭
用途: 花壇、鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット
花言葉: 温和、可憐
通販店: 楽天市場にあり
トレニアは春から秋の長い間、次々と花を咲かせ続ける植物です。夏の花壇に人気のある草花で、春になると園芸店では必ずと言ってよいほど苗が出回ります。トレニアは一年草タイプと多年草タイプがありますが、よく花壇に沢山植えられているのは一年草のタイプです。夏から秋にかけて絶え間なく花が咲き続けるので人気があります。多年草タイプはそれほど沢山の花は咲きませんが、冬を室内で育てると越冬させる事ができます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
多年草は室内(5度以上) 日向 多年草は室内
種まき
種まき
植え付け
苗の植え付け
植え替え
多年草
挿し芽
挿し芽
切り戻し
多年草
肥料
肥料
鉢の水やり
多年草は控えめ 表面が乾いてきたら 多年草は控えめ

トレニア(紫色)
8月下旬、自宅の庭

トレニア(桃色)
5月中旬、植物園

トレニアの全体
9月上旬、自宅のプランター

トレニアのじゅうたん
6月中旬、植物園

多年草のトレニア
9月上旬、自宅の庭

多年草のトレニアの全体
10月中旬、自宅の鉢植え

トレニアの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。多年草のタイプは午前中に日光が当たるような半日陰でもよく花を咲かせます。多年草タイプは、冬を室内の日当たりがよく5℃以上の場所で越冬します。

水やり

一年草のタイプは湿地に生えているので水切れを嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾いてきたら与えます。夏はよく乾くので水切れさせないよう毎日与えます。花壇でも日照り続きで雨が降らないようなら与えます。多年草タイプは普通の水やりでかまいません。

肥料

花期が長いので、春から秋まで肥料を与え続けます。鉢植えではマグァンプK(中粒)などを元肥にしたり、緩効性の化成肥料を与え、定期的に液体肥料を与えます。花壇では元肥に堆肥などを混ぜ込み、定期的に化成肥料などをを追肥します。肥料については花の肥料を参考にしてください。

植え付け

春に苗が出回るので、購入したら植え付けます。株間は20cmから25cmぐらい。鉢植えの用土は花の培養土など、ごく普通でかまいません。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。花期が長いのであればマグァンプK(中粒)などの元肥を混ぜて植え付けるとよいです。花壇への植え付けの際は苦土石灰、堆肥、腐葉土を混ぜ込んで植え付けます。

種まき

種まきから育てる事ができます。時期は春の4月中旬から5月頃中旬頃に行います。方法は種が小さいので鉢まきで行い、受け皿を敷いて底から給水させればよいと思います。ピートバンを利用してもよいと思います。好光性なので覆土はしません。本葉が3、4枚になったら7.5cmポットに仮植えして、根が回ったら定植します。その他は植え付けの項目と同じです。

植え替え

多年草のタイプを室内で越冬させたら、春の4月頃に植え替えます。根鉢を3分の1ほど軽く壊して、一回り大きな鉢に植え替えます。用土は植え付けの項目と同じです。その他は植え替えのページを参考にしてください。

切り戻し

多年草タイプは冬を越えて植え替えと一緒に適度に切り戻します。その後は1年草のタイプも多年草のタイプも、伸びすぎて樹形が乱れたら適度に切り戻します。

増やし方

挿し芽

挿し芽で比較的容易に増やすことができます。時期は5月から7月頃まで行えます。二節分の挿し穂を用意して、下の節の葉を切り除きます。20分ほど水につけて水揚げし、葉を取った節が用土に埋まるように挿せばよいです。トレニアは寒さに弱いので、花壇に植えた多年草タイプのトレニアは秋に挿し芽して苗を作り、冬を室内で越冬させ、春に挿し芽してまた増やす事ができます。その他は挿し木のページを参考にしてください。
6月下旬 7月下旬 8月下旬

挿し穂

挿し芽

定植

開花

病気や害虫

うどんこ病にかかる事があるので、定期的に殺菌剤を散布して予防しておきます。かかってしまった葉は取り除きます。その他は花の病気と害虫駆除を参考にしてください。
関連リンク