トップチューリップ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

チューリップ

科・属名:ユリ科・チューリップ属/原産地:中央アジア、トルコ、北アフリカ/学名:Tulipa

分類: 球根植物


寒さ: 強い
暑さ: 葉が枯れて休眠する
草丈: 10cm〜60cm
花径: 5cm〜10cm
花色: 赤、黄色、白、桃色、橙色、紫、黒、緑
増やし方: 分球(堀上時)
場所: 日当たりのよい所
用途: 花壇、鉢植え、切り花
通販店: 楽天市場にあり
花言葉: 永遠の愛情、愛の告白、思いやり、名誉
赤(愛の宣言、愛の始まり、愛の告白)、ピンク(誠実な愛、思いやり)、白(失われた愛、失恋、新しい恋)、黄(愛の証、望みのない恋)、紫(永遠の愛情、本当の愛情、不滅の愛)
チューリップは春を代表する球根草で、花色が豊富で鮮やかな花を咲かせます。中央アジア〜北アフリカに100種類以上の原種が生息しているそうで、16世紀にヨーロッパに入り、今では数千種類の品種の園芸品種が作られて出回っています。花の咲き方で分けられており、ユリ咲き、フリンジ咲き、フリル咲き、ビリデ咲き、パーロット咲きなどがあります。開花時期も種類によって異なり、早生種では3月下旬頃、中生種では4月上旬頃、晩生種では4月下旬頃の開花になります。

秋になると沢山の球根が売られており、植え付けると立派なチューリップが咲きますが、翌年も同じような立派な花が咲かなくなるので、うちでは毎年球根を購入して植え付けています。売られている球根は、花を咲かせずに大きく育てられているようです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
植え付け
植え付け
分球
分球
掘り上げ
掘り上げ
肥料
追肥 元肥
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば 鉢土の表面が乾けば

チューリップ
4月中旬、自宅の庭

チューリップ2
4月中旬、自宅の庭

チューリップ(紫)
4月中旬、自宅の庭

チューリップ(赤)
4月上旬、植物園

チューリップの全体
4月上旬、自宅の庭

チューリップ畑
3月下旬、原尻の滝

チューリップ畑2
3月下旬、原尻の滝

チューリップ(赤と白)
4月下旬、自宅の庭

チューリップの育て方

植え付け


2月上旬頃に芽が

4月中旬頃に開花。
一株から数輪咲くタイプのチューリップ

3月下旬頃に葉が

黄色(株間あき過ぎ?)

翌年は密集して植えつけました。
時期は10月中旬から11月頃までに行います。残暑が残る時期に植え付けると、球根が腐る事もあるので、あまり早く植え付けない方がよいです。涼しくなった11月の紅葉の時期に植えつけると安全です。

鉢植え

6号鉢では大球で3個、普通の大きさで4個ぐらいを目安に、プランター植えでは5cmから10cmぐらいのスペースをあけ、覆土は球根の頭が隠れるぐらいに植えつけます。用土は赤玉土6、腐葉土3、パーライト1など水はけのよい用土に植え付けます。

庭植え

日当たりのよい所に、酸性土壌を嫌うので、苦土石灰と元肥に牛糞などを混ぜ込んで、10cmから15cmぐらのスペースをあけて、球根2、3個分の深さに植え付けます。芽が出た頃に株元にパンジーなどを植え付けると見た感じもよくなります。下左側の写真は株間があき過ぎておかしいかったので、翌年は密集して植えつけました。

場所

水はけがよく日当たりのよい所を好みます。午前中の日光が十分に当たり、午後から日陰になる半日陰でも花が咲き、日陰になると花が半開きになってチューリップらしい姿になります。しかし、天候不順で晴れる日が少ないと日照不足でよい花が咲かない事があるので、できるだけ日当たりのよい所で育てた方がよいです。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。花壇の場合は植付け後の1週間ぐらいは乾かさないよう注意しますが、その後はあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでよいです。

肥料

肥料はあまり多く必要ありません。鉢植えでは植え付け時に元肥を入れて植え付けるか、緩効性の化成肥料を置き肥します。花壇では元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。その後は花が終わって葉先が枯れてくる前まで、月に2、3回液体肥料を追肥して球根を太らせます。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

花がら摘み

花が終わったらすぐに摘み取ります。放置するとまれに実が成って種が採れることがありますが、球根の成長を妨げてしまいます。

球根の堀上げ


6月上旬に掘り上げ
花が終わっても、葉が緑色をしている時期は、そのまま育てて球根を太らせます。6月頃になって葉が枯れたら掘り上げます。写真は春に植えつけたい花があったので、少し早めに掘り上げています。掘り上げたら枯れた葉を切り取り、球根を乾燥させて涼しい場所に貯蔵しておきます。

花が小さくなる掘り上げた球根

掘り上げた球根を秋に植えつけると、普通は購入した頃の花より小さくなってしまいます。これはチューリップが涼しい地域の植物で、暖かい地域では早く葉が枯れて球根が太る期間が少ないからだそうです。うちでは毎年新しい球根を秋に購入して植え付け、掘り起こした球根は空いた場所に植えて小さいながら花を咲かせています。それをそのまま掘り上げずにいると、夏を超えて翌年も花を咲かせる事がよくあります。

増やし方

分球

分球して増えますが、購入するような立派な花は咲きません。うちは空いた場所に分球した小球を適当に植えて、掘り上げもせずに放置していると、忘れた頃に花が咲く事があります。(本当は夏に腐れないよう掘り上げた方がよいです)

病気や害虫

モザイク病、アブラムシ

花に模様が入る事があります。これはモザイク病と言う病気で、他にも感染してしまうので、球根ごと引き抜いてゴミ処分します。アブラムシが媒介する事が多いので、アブラムシを見つけたら殺虫剤で駆除します。その他は花の病気と害虫駆除のページを参考にしてください。

モザイク病

花弁についたアブラムシ

庭植え、コンテナ植えの写真

庭、コンテナに植えつけるのに、配色を想像して植えたり、他の花との寄せ植えにしても楽しいと思います。写真は公園などで撮ったもので、参考にしてもらえば幸いです。
コンテナ
庭植え

種まきしてみた

花を摘まずに放置すると実が成る事があります。実が茶色くなったら種を取り、秋に種まきしてみるとネギのようは葉が出てきました。開花までにどれぐらいかかるかは分かりませんが、試しにやってみても面白いと思います。発芽したポット苗はその後どうしたのか忘れました。
実(5月下旬)

発芽(4月下旬)
関連リンク