トップツツジ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ツツジ (躑躅)

科・属名:ツツジ科・ツツジ属/原産地:日本原産/学名:Rhododendron ssp

分類: 落葉〜常緑低木


寒さ: 強い
暑さ: 強い
樹高: 0.5m〜3m
花径: 2cm〜5cm
花色: 桃色、赤、白など
場所: 日向
増やし方: 挿し木
花芽分化: 6月中頃〜
用途: 庭木、鉢植え、生垣
花言葉: 情熱、節制
通販店: 楽天市場にあり
ツツジは春に花を咲かせる落葉から常緑の花木です。春を代表する花の一つです。樹高があまり高くならないので、庭木として植えられている所をよく見ます。5月頃に花を咲かせるサツキと同じ仲間で、こちらの方が一足早く花を咲かせます。大きく分けると常緑性と落葉性の種類があります。常緑性の主な種類はヒラドツツジ、クルメツツジ、ミヤマキリシマ、オオムラサキなど、落葉性ではミツバツツジ、レンゲツツジなどがあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向〜半日蔭 日向
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え 花後 植え替え
挿し木
挿し木
剪定
花後
肥料
寒肥 花後 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 表面が乾く前に与える 鉢土の表面が乾けば与える

ツツジ
4月下旬、自宅の庭

ツツジ(桃色)
4月中旬、植物園

オオムラサキ
4月下旬、植物園

ツツジの全体
4月下旬、自宅の庭

沢山のツツジ
4月下旬、植物園

ツツジの生垣
4月下旬、植物園

ツツジの生垣2
4月下旬、植物園

ツツジの生垣3
4月下旬、植物園

ツツジの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりの良い場所で育てます。夏は日差しが強過ぎるので、鉢植えは午前中の日光があたるような半日蔭で育てます。冬の寒さには強いので日当たりのよい戸外で育てます。

植え付け

春の3月から6月中頃、秋の10月から11月頃に植え付けられます。鉢植えの用土は弱酸性土を好むので鹿沼土7、PH無調節のピートモス3ぐらに植え付けます。庭では日当たりがよく風通しのよい所に、ミヤマキリシマやレンゲツツジは夏に半日蔭になるような所がよいです。根鉢の大きさの二回りぐらいの大きさの穴を掘り、弱酸性土壌を好むので鹿沼土やピートモス、水はけが悪いようなら腐葉土も混ぜ込んで植え付けるとよいです。

植え替え

鉢底から根が出てぬ詰まり気味だ足り、2年以上植え替えていない鉢植えは植え替えます。時期は春の3月頃か花後に行うのが理想的ですが、秋の9月下旬から10月頃にも行えます。用土は弱酸性土を好むので鹿沼土7、PH無調節のピートモス3ぐらいに、根鉢を3分の1ぐらい崩して植え替えます。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏はよく乾き花芽分化期でもあるので水切れさせないように注意してください。

剪定

時期は春の5月頃、枝が伸びすぎて樹形が乱れてたら樹形を整えるように剪定します。ツツジは夏が花芽分化期なので、夏を過ぎて剪定すると花芽を切る事になるので、花後から5月中までに行ってしまいます。その他は剪定のページを参考にしてください。

増やし方

挿し木

時期は梅雨頃の6月頃に行えます。方法は長さ5cmから10cmぐらい挿し穂用意して、下の1、2節分の葉を取り除いて30分ぐらい水に漬けます。あれば発根促進剤をつけて鹿沼土や赤玉土の小粒などに挿します。その他は挿し木のページを参考にしてください。

肥料

鉢植え、庭木とも、寒肥に1月、花後の5月頃、秋の9月頃に骨粉入りの固形油粕などを蒔いておけばよいです。

病気や害虫

春から秋にかけてベニモンアオリンガに葉や蕾を食害されたり、葉の裏にグンバイムシが発生して葉が白くなったりする事があります。定期的にスミチオンやマラソンを散布しておくとよいです。 また、花が腐る花腐菌核病が発生する事があり、放置すると黒い菌核が土に入って翌年も発生する事があるので、見つけたら早めに取り除いて処分し、トップジンM水和剤などを散布しておきます。その他は花の病気や害虫を参考にしてください。
関連リンク