トップラムズイヤー 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ラムズイヤー

別名:ワタチョロギ(綿千代呂木)
科・属名:シソ科・イヌゴマ属/原産地:トルコ、南西アジア/学名:Stachys byzantina

分類: 多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや嫌う
草丈: 30cm〜80cm
花径: 約 5mm
花色: 紫色
種まき: 春まき、秋まき
増やし方: 株分け、挿し木
場所: 日向〜半日蔭
用途: 花壇、鉢植え、ハーブ(ポプリ)、ドライフラワー
通販店: 楽天市場にあり
葉の見かけや触った感じが柔らかく羊の耳のようなので、ラムズイヤー(羊の耳)と呼ばれています。花は6月から7月頃に小さな紫色の花を咲かせます。シソ科のハーブで、葉に香りがある事からポプリに利用できるそうです。他にドライフラワーや花束の飾りなどにも利用されているようです。育てるのは夏の高温多湿にやや弱く、少し傷む事がありますが、比較的育てやすいです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
収穫時期
収穫
場所
日向〜半日蔭(梅雨の長雨、夏の西日は避ける)
種まき
種まき 種まき
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え
株分け
株分け
切り戻し
切り戻し 花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ

ラムズイヤー
6月上旬、公園

ラムズイヤーの全体
6月上旬、公園

ラムズイヤーの花
7月下旬、自宅の庭


6月上旬、ガンジーファーム

ラムズイヤーの育て方

場所

2月上旬

春の目覚め
日当たりを好みますが、午前中の日光が当たるような半日蔭でも育てる事ができます。高温多湿を嫌うので、鉢植えでは梅雨の長雨には当てないよう、軒下などに置いておくとよいです。冬の耐寒性は強く、冬は霜で古い葉を枯らせて越冬します。鉢植えでは霜の当たらない軒下に置いておくと、葉の痛みが少なくてよいと思います。

植え付け

春や秋に苗が売られている事があるので、入手したら植え付けます。鉢植えの用土は水はけのよい用土、花の培養土にパーライトを2割ほど混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト2ぐらいで植え付けます。庭では夏の西日を避けた日当たりのよい所から午前中の日光が当たるような半日蔭に、弱アルカリ性土壌を好むので苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

大きくなるので、鉢植えでは毎年株分けを兼ねて植え替えるとよいです。庭でも2、3年に1回ぐらい株分けを兼ねて植え直すとよいです。時期は春の2月下旬から3月頃に行うとよいと思います。用土は植え付け用土と同じです。

水やり

過湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えます。冬は地上部の葉を枯らせて宿根気味になって越冬するので控え目に与えます。庭では通常は特に必要ありませんが、日照り続きで乾燥しすぎるようなら与えます。

肥料

肥料は多く必要ありません。鉢植えでは春と秋の間に緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料を定期的に与えます。花壇では春に元肥えを与えて植え付ければ、秋に骨粉入りの固形油粕などを1回まいておけばよいです。

増やし方

種まき

種が売られているので、種まきから育てる事ができます。時期は春の3月から4月頃、秋の9月下旬から10月頃にも行えます。

株分け

株分けで容易に増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

挿し木

挿し木でも増やす事ができます。

花茎切り

花が咲き終わった花序と所を切り取ります。花序の下の節から花茎がまた伸びて花を咲かせます。

切り戻し

夏の花が咲き終わったら、花茎の元の所で切り戻して夏を越させます。夏に蒸れて葉が傷みやすいので、枯れた葉は取り除きます。花後の夏に暑さで姿が乱れやすいですが、秋になって涼しくなると葉が茂ってきます。春の2月下旬から3月頃に古い茎は全て切り取り、株元から伸びている新芽を伸ばすようにします。
関連リンク