トップランタナ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ランタナ

別名:シチヘンゲ(七変化)、ランタナ・カマラ
科・属名:クマツヅラ科・ランタナ属/原産地:熱帯アメリカ/学名:Lantana camara

分類: 落葉低木


寒さ: やや弱い
暑さ: 強い
実期: 7月〜11月
樹高: 30cm〜200cm
花序: 3cm〜5cm
花色: 黄色、赤、桃色など
場所: 日当たりを好む
増やし方: 挿し木
花芽分化: 新枝につく
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 厳格
通販店: 楽天市場にあり
ランタナの種類は150種類ほどがあるそうです。主にこのページで紹介しているカマラという種類とその園芸品種のコバノランタナという種類が出回っています。違いはコバノランタナは葉が小型で横へ広がる匍匐性で、こちらで紹介しているランタナは木立ち性になります。種類によっては花が咲いて日にちが経つとだんだん花色が変わるので、別名に七変化と呼ばれています。花期がとても長く、初夏から秋まで次々と花を咲かせ続けます。半耐寒性ですが、暖地では庭植えで越冬が可能です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
霜よけ 日向 霜よけ
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾いたら与える 控えめ

ランタナ1
6月中旬、植物園

ランタナ2
10月中旬、近所

ランタナ3
7月下旬、自宅の庭

ランタナ(桃色)
11月上旬、公園

ランタナの全体
9月上旬、植物園

ランタナの実
9月上旬、植物園

ランタナの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。寒さにあまり強くありませんが、暖地では路地植えで越冬可能です。鉢植えでは霜の当たらない日当たりのよい軒下などに置いておくとよいです。冬の戸外では寒さで落葉しますが、暖かくなると新芽が伸びてきます。

植え付け

春から初夏に苗が売られている事があるので、購入したら植え付けます。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)7、腐葉土3などの水はけのよい用土に植え付けます。庭では日当たりのよい所に、水はけが悪いようなら腐葉土を、元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。

植え替え

生育が旺盛で根詰まりしやすいので、毎年植え替えるとよいです。時期は春の4月頃の行います。用土は植え付け用土と同じです。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。夏の日差しの下では毎日の水やりになります。冬は落葉してあまり水を吸わなくなるので控えめにします。花壇では植え付け後しばらくは乾かしすぎないように注意しますが、その後は日照り続きであまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

花期が長いので、春から秋の間まで緩効性の化成肥料などを置き肥したり液体肥料を与えます。花壇では春と秋に骨粉入りの固形油粕などをまいておけばよいです。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

増やし方

挿し木

挿し木で増やす事ができます。時期は6月から7月頃に行う事が理想的ですが、気温が高ければいつでも行えます。2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取ってそこが用土に埋まるように挿せばよいです。その他は挿し木のページを参考にしてください。

剪定

冬に葉が枯れたら株元から刈り込みます。春になって暖かくなると新芽が伸びてきます。夏の生育が旺盛なので、伸び過ぎてしまったら適度な長さに剪定してもかまいません。花芽は新枝につきます。
関連リンク