トップリトルチュチュ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

リトルチュチュ

別名:スコパリア・レモンミスト
科・属名:ゴマノハグサ科・スコパリア属/原産地:スコパリアの園芸品種(南米)/学名:Scoparia cv. Ilumina Lemon Mist

分類: 一年草(本来は多年草)


寒さ: やや弱い(0度以上)
暑さ: 強い
草丈: 25cm〜30cm
花径: 約 5mm
花色: 黄色
場所: 日当たりを好む
増やし方: 挿し芽
用途: 鉢植え
通販店: 楽天市場にあり
リトルチュチュはサントリーフラワーズが世界で初めて園芸化した植物です。チュチュというのはバレエの衣装の事で、チュチュを思わせる小さな花が沢山咲く事から名付けられたようです。雨と風に強くスコパリアの園芸品種でレモンのような甘い香りがします。花期が長く5月〜10月頃まで花を咲かせ続けます。本来は多年草ですが、寒さに弱いので一年草扱いされていますが、暖地では戸外の軒下で越冬可能です。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向(霜よけ) 日向 日向(霜よけ)
植え付け
苗の植え付け
植え替え
植え替え
刈り込み
刈り込み 必要なら
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば与える 控えめ

リトルチュチュ(レモンミスト)
5月下旬、自宅の鉢植え

リトルチュチュの全体
6月下旬、自宅の鉢植え

リトルチュチュ2
6月下旬、自宅の鉢植え

リトルチュチュ3
6月下旬、自宅の鉢植え

越冬して春に新芽を吹いた
3月上旬、自宅の鉢植え

植え替えて翌年も開花
5月上旬、自宅の鉢植え

リトルチュチュの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。冬の寒さには弱いので一年草扱いされていますが、暖地では霜を避けた軒下で越冬が可能です。寒地でも室内に入れれば越冬可能だと思います。

水やり

普通の水やりでかまいません。鉢土の表面が乾いたら与えます。

植え付け

春に苗が出回るので、購入したら鉢に植え付ければよいです。用土は園芸用の培養土、自分で作る場合は赤玉土4、ピートモス4、バーライトを2などで植えつけます。花期が長いので元肥にマグァンプK(中粒)などの緩効性化成肥料を混ぜ込んで植え付けるとよいです。

植え替え

冬に弱いので一年草扱いされていますが、暖地では冬を超える事があります。冬は葉の多くが枯れて見苦しいですが、保温代わりに鉢から出た邪魔な所を刈るぐらいにして越冬させるとよいと思います。春の3月中頃から4月上旬頃になって株元から葉が出ていたら枯れていないので、枯れた葉を刈り込んで根鉢を軽く壊して植え替えればよいです。用土は植え付け用土と同じです。
傷んだリトルチュチュ(3月上旬)
3月上旬 5月上旬

刈り込んだ

植え替えた

開花

肥料

花期が長いので緩効性の化成肥料や液体肥料などを定期的に与えます。その他は花の肥料のページを参考にしてください。

刈り込み

手間がかからず、生育期は特に必要ありません。伸びすぎて邪魔なら軽く刈るぐらいでかまいません。冬を越えた場合は植え替えの時に、枯れた葉を刈って新しい葉を伸ばさせます。
関連リンク