トップルピナス 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ルピナス

別名:ノボリフジ(昇り藤)
科・属名:マメ科・ルピナス属/原産地:北米南部/学名:Lupinus

分類: 一年草、多年草タイプ


寒さ: 強い
暑さ: 一年草(暑さで枯れる)
多年草タイプ(弱い)
草丈: 40cm〜70cm(種類による)
花径: 1cm〜2cm
花序: 20cm〜40cm
花色: ピンク、白、紫、赤、黄色など
種まき: 秋蒔き
発芽温度(20℃前後)
ポットまき(移植を嫌う)
場所: 日当たりを好む
用途: 花壇、鉢植え
花言葉: 貪欲、空想、母性愛、あなたは私の安らぎ
通販店: 楽天市場にあり
ルピナスは花序が日々徐々に伸びて花を咲かせて行きます。一年草と多年草のタイプがあり、一番下の写真のキバナルピナスやテキセンシスという種類は一年草ですが、ラッセル・ルピナスというカラフルな色を花を咲かせるタイプは多年草になります。多年草でも夏の暑さに弱く、暖地では夏に枯れてしまう事が多いです。花序を長く伸ばしながら、花は下から順番に咲きます。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向 日向
種まき
種まき
植え付け
植え付け 植え付け
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う) 鉢土の表面が乾けば

ルピナス
5月上旬、自宅の庭

ルピナス2
4月下旬、植物園

ルピナスの全体
3月上旬、植物園

ルピナスのアップ
3月上旬、植物園

キバナルピナス
4月中旬、高島屋10th記念(名古屋)

キバナルピナスの全体
4月中旬、高島屋10th記念(名古屋)

ルピナスの育て方

場所

日当たりを好むので日当たりのよい所で育てます。

植え付け

11月上旬 5月上旬

購入した苗の植え付け

開花
秋や春に苗が売られいる事があるので、入手したら植え付けます。鉢植えのよい用土は花の培養土にパーライトを2割ほど混ぜて水はけを良くしたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土3、パーライト2などで植え付けます。50プランターでは3、4株を目安に植え付けます。庭では日当たりのよい所に酸性土壌を嫌うので苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込んで25cmぐらいの間隔で植え付けます。根鉢を壊されるのを嫌うので、根鉢を壊さないようにします。

種まき

種まきの時期は秋の9月中旬〜10月中頃に行います。方法はポットまきで行うのがよいと思います。一晩水に漬けて、1cmぐらい覆土して行います。種まきしたポット苗は春の3月頃になったら定植します。植え付け用土などは植え付けの項目と同じです。

水やり

過湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇ではあまり雨が降らないようなら与えるぐらいでかまいません。

肥料

肥料はあまり必要ありません。鉢植えでは緩効性の化成肥料を置き肥するぐらい、庭では元肥えの牛糞ぐらいでかまいません。その他は肥料の使い方を参考にしてください。

花がら摘み

花序の全てが咲き終わったら根元から切り取ります。次の花茎が伸びてくる事があります。
関連リンク