トップルリタマアザミ 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ルリタマアザミ (瑠璃玉薊)

別名:エキノプス
科・属名:キク科・ヒゴタイ属(エキノプス属)/原産地:ヨーロッパ/学名:Echinops ritro
分類: 宿根多年草


寒さ: 強い
暑さ: やや嫌う
草丈: 50cm〜120cm
花序: 3cm〜5cm(花は1cmほど)
花色: 青、白
場所: 日当たりを好む
増やし方: 種まき、株分け
用途: 花壇、鉢植え、切り花、ドライフラワー
花言葉: 鋭敏
通販店: 楽天市場にあり
ルリタマアザミは7月から8月頃に花を咲かせる宿根多年草の植物です。別名のエキノプスと言うのは、ギリシャ語で「ハリネズミのよう」という意味で、花序の蕾がトゲトゲしています。花序に1cmほどの小さな瑠璃色の丸い花を沢山咲かせ、葉はアザミのようにトゲがあるので、瑠璃玉アザミという名前があります。ヨーロッパ原産の植物ですが、日本にも同じ仲間にヒゴダイという絶滅危惧種に指定されている、同じような花を咲かせる種類もあります。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向
種まき
種まき 種まき
植え付け
苗の植え付け 苗の植え付け
植え替え
植え替え 植え替え
株分け
株分け 株分け
切り戻し
花後
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える(過湿を嫌う) 控えめ

ルリタマアザミ
7月上旬、自宅の庭

ルリタマアザミの花
7月中旬、自宅の庭

ルリタマアザミ2
7月上旬、自宅の庭

ルリタマアザミの全体
7月上旬、自宅の庭

ルリタマアザミ

場所

日当たりを好むので、日当たりのよい場所で育てます。春に種まきした鉢植えは、夏は風通しのよい半日蔭で育てるとよいです。

水やり

過湿を嫌います。鉢植えでは鉢土の表面が白く乾いてから与えます。特に夏の過湿を嫌うので、水の与え過ぎ、梅雨の長雨には当てないよう日当たりのよい軒下などで育てます。庭では通常は特に必要ありませんが、あまり雨が降らないようなら与えます。

植え付け

春に苗が出回っている事があるので、入手したら植え付けます。日当たりと水はけのよい所に、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようなら腐葉土などを、弱アルカリ性土壌を好むので苦土石灰を混ぜて植え付けます。株間は30cm〜50cmぐらいと広めに植え付けます。鉢植えは水はけのよい用土、赤玉土(小粒)6、腐葉土2、パーライト2などに植え付けます。

植え替え

庭でも2、3年に一回ぐらい株分けを兼ねて植え替えた方がよいです。時期は春の3月中旬から4月中旬頃、秋の10月中旬から11月頃に行います。暖地では株が古くなると夏に絶えてしまう事があるので、種まきから育てなおした方がよいです。

肥料

肥料は多く必要ありません。春の3月から4月頃、秋の9月頃に骨粉入り固形油粕などを蒔いておけばよいです。

増やし方

種まき

種まきで増やす事ができます。時期は春の4月中旬から5月頃、暖地では秋の9月中頃から10月中頃にも行えます。春に蒔いた場合は翌年の夏の開花、秋に蒔いた場合は翌々年の夏の開花になります。方法は移植を嫌うので、ポット蒔きで行うとよいと思います。種が隠れるように覆土して、発芽までに3週間ぐらいかかる事があるので、用土を乾かさないように注意します。秋まきした場合は霜の当たらない日当たりのよい所で管理して春の3月頃に植え付け、春に蒔いた場合は6月上旬頃までに植え付けるか、鉢に植えて夏を半日蔭で育て涼しくなった秋に植え付けます。下のは秋に箱まきしたもので、移植を嫌いますが、本葉が3枚頃の小さな頃に根を傷めないよう丁寧に移植すれば大丈夫です。
2011年10月上旬 2011年11月上旬 2011年2月下旬

浅鉢に蒔いて発芽

仮植え

定植
2011年11月中旬 2012年3月下旬 2012年7月上旬

夏を超えて秋に

宿根からの目覚め

開花

株分け

株分けでも増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

切り戻し

花後に花茎を半分ぐらい切り戻します。種が採れるので、種を採りたい場合は残しておきます。

支柱

草丈が1m以上になって、風や雨の重みで倒れる事があるので、支柱で支えておくとよいです。
関連リンク