トップユリズイセン 花と観葉植物(葉っぱの岬)管理人の育てる環境

ユリズイセン (百合水仙)

科・属名:ユリ科・アルストロメリア属/原産地:ブラジル北部/学名:Alstroemeria psittacina

分類: 球根植物


寒さ: 強い
暑さ: 休眠する
草丈: 100cm〜150cm
花長: 3cm〜4cm
花色:
増やし方: 分球
場所: 日向〜半日陰
用途: 花壇、鉢植え、野草
ユリズイセンはアルストロメリアの仲間で原種系の花を咲かせます。少し質素な花ではありますが、強健で植えっぱなしで花を咲かせ自然に増えます。うちの庭にも以前からあり、半日陰の所によく生えています。よく増えるので抜こうとすると、葉と茎だけが抜けてしまい、球根が残っているのでまた生えてきます。一般には売られていませんが、育てるのは容易で野生化している所もあるそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
日向〜半日陰
植え付け
植え付け 植え付け
植え替え
植え替え
分球
分球
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
鉢土の表面が乾けば与える 断水 鉢土の表面が乾けば与える

ユリズイセン
6月下旬、自宅の庭

ユリズイセン2
6月上旬、自宅の庭

ユリズイセンの葉
1月中旬、自宅の庭

ユリズイセンの球根
1月中旬、自宅

ユリズイセンの育て方

苗の植え付け

売られている事は見かけませんが、丈夫でとても育てやすい球根植物です。もし入手したら植えつけるとよいと思います。庭では夏の西日を避けた日当たりのよい所から午前中の日光が当たる半日陰に、牛糞などの元肥を混ぜて植えつけるとよいです。鉢植えの用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土4など、ごく普通でよいです。深さは5cmぐらい土を被せればよいです。

鉢の置き場所

日当たりのよい所から午前中の日光が当たる半日陰に置きます。夏は葉が枯れて休眠するので、雨の当たらない明るい日陰に置いておくとよいです。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が乾けば与えますが、夏は葉が枯れて休眠するので水やりを中止します。庭では植えつけ後にはしばらく乾かし過ぎないようにしますが、その後は特に必要ないです。

肥料

肥料はあまり多く必要ないです。鉢植えでは春、秋に緩効性の化成肥料を置き肥するぐらいでよいです。庭では春と秋に骨粉入りの固形油粕などを蒔いておきます。

植え替え・分球

丈夫で球根が沢山増えるので、増えすぎたら秋の10月頃、分球を兼ねて植え替えればよいです。葉茎が折れやすいので注意してください。

花茎切り

花が咲き終わったら見苦しいので切るとよいです。
関連リンク