トップ月下美人

月下美人

学名:Epiphyllum oxypetalum
科・属名:サボテン科・クジャクサボテン属
原産地:メキシコ原産
分類:常緑多肉植物
寒さ:弱い(7℃以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:なし
花期:6月〜10月
草丈:50cm〜200cm
花径:約20cm〜25cm
花言葉:儚い美、儚い恋、繊細、快楽
通販:楽天市場にあり


月下美人

月下美人の花

月下美人の花のアップ

月下美人の花の裏側
樹木に着いて生息する着生植物です。夜開性で一晩しか花を咲かせない事で知られ、純白色で20cm以上あり、名前通りに美人の花です。香りが強く、匂いで花の咲いてる事によく気付きます。現地では受粉に小型のコウモリが蜜を吸いにやって来て、捉まっても大丈夫なように花柄が太いようです。開花時期は6月から10月頃で、年に数回の花を咲かせます。毎晩少しずつ咲くのではなく、一晩から二晩ぐらいかけて一斉に咲き終わり、しばらく経つとまた蕾を着けて開花するを2回から5回ぐらい繰り返します。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(7度以上) 日向 半日陰 日向 室内(7度以上)
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾けば与える 控えめ

夜開性

開花と時間(7月30日)

夕方になると蕾が膨らみ始めます。暗くなるとだんだんと花が開いて来るのですが、開花する時に耳を清ますと、花びらがこすり合って音が聞こえます。
2006/7 18時51分 19時51分
20時51分 21時51分 22時51分

朝まで咲いた月下美人

朝まで咲いた月下美人 日差しの下の月下美人
10月中頃の午前8時頃撮影
秋は最低気温が低いと朝まで咲いている事があります。写真は青空の下で咲いたものです。

同じ夜開性の仲間

夜の女王、満月美人、姫月下美人、十三夜美人などがあります。 写真は夜の女王と書かれたラベルを購入しましたが、別の品種と交配された種類のようです。月下美人との違いは、花の大きさが一回り小さく、葉が柱サボテンのようになっていて、花の時期は初夏だけ咲きます。
同じ夜開性の仲間(6月下旬)

蕾と葉


全体

月下美人の育て方

置き場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。夏は日差しが強すぎて葉が焼ける事があるので、午後は日陰になる半日陰に置くとよいです。着生植物で過湿にはあまり強くなく、長雨で蕾が落ちてしまう事があるので、梅雨などの時期は軒下などに置いた方がよいと思います。寒さには弱く真冬は5度以下の低温にあうと凍傷を起こして葉が痛んでしまいます。日差しが差し込むようなできるだけ明るい場所で、最低温度7度以上で管理するようにします。
4月中旬から10月中旬 日当たりのよい所。(夏は半日陰)。
10月下旬から4月上旬 日当たりのよい室内(最低温度は7度以上で管理)

水やり

生育期の春から秋は鉢土の表面が白く乾いたら与えます。秋の涼しくなる9月下旬頃から徐々渇きが遅くなるので、水やりの間隔を長くしていきます。冬は乾いてから一週間後に与えるよう乾燥気味に管理します。春になって暖かくなってくると、だんだんと水を吸いはじめ乾くのが早くなりますので、表面が白く乾いたら十分に与えます。

植え替え

2年に1度ぐらいは植え替えをします。時期は4月中旬から6月中旬までに行うようとよいです。着生植物で根腐れを起こしやすいので、鉢はあまり大きくしない方がよいです。用土は水はけのよい土、シャコバサボテンの培養土を使用するとよいと思います。自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土2、パーライト3ぐらい混ぜて通気性をよくします。また、長いシュート(葉)は支柱などで固定し、強風で倒れやすいので、ブロックなどで固定するとよいです。同じ夜開性の仲間で、6月下旬頃だけに花を咲かせる種類は、根詰まりしているようなら花後に植え替えるとよいと思います。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料などを置き肥するか、定期的に液体肥料を与えます。着生植物で根は強い方ではないので、濃い肥料の置き肥は避けるようにします。その他は観葉植物の肥料をご覧下さい。

シュートと茎節について

シュートと茎節
春になるとシュートという長い茎が伸び、そこの脇芽から茎節(けいせつ)と呼ばれる葉が出て、そこによく花を付けます。また、途中から更にシュートが長く伸びてくる事もあり、先端の方にある茎節にも花を着ける事があります。花が咲くのは1年以上経ったもので、同じ場所からはもう花が咲かないので、シュートがよく増える事が毎年沢山の花を咲かせるポイントになります。よい環境で育てているにも関わらず茎節が増えない場合は、根詰まりや根腐れしていたり肥料切れしている事もあります。

増やし方(挿し木)

6月から9月の高温時期が最適です。今年か前年に伸びた、長くて幅の広いものを使います。用土にはミズゴケや赤玉土などを利用し、あれば発根促進剤をつけて挿すとよいです。しばらくは用土が乾かないよう明るい日陰で育て、芽が伸びてきたら定植して少しずつ日光に慣らせてゆきます。毎年、春に植え替えて2、3年もすると開花します。その他、詳しくは挿し木、挿し芽のページをご覧ください。
挿し木(用土:赤玉土)
2005/7 挿し木後約 1ヶ月 2005/7 用土交換 2006/4 植え替え 2008/7 開花

冬の管理方法

やや寒さに弱く低温で凍傷になりやすいので、できるだけ日当たりが良く7度以上の暖かい室内で管理します。また、いつも湿った状態だと根腐れしやすいので、水を与え過ぎないように注意します。その他は観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

冬を越えた春の月下美人

葉が青々しくていれば問題ありませんが、葉や茎が褐色帯びていたら、これは水の与え過ぎによる根腐れが原因かも知れません。春の植え替えをして仕立てなおした方が無難です。もし、全体的に褐色帯びた元気のない葉があれば、根元から切り取ってください。

花がら摘み・和え物

7月上旬

花がら

酢味噌和え
花がらは放置すると見かけが悪いので切り取ります。また、花がらを茹でて酢醤油和えや酢味噌和えにして食べる事もできます。味は特に癖はなく少し粘りがあり、花の香りがほのかにして不味いものではなかったです。手軽なので興味のある方は試しに食べてみたらと思います。

病気や害虫など

つぼみがつかない

1年以上経った葉に花が咲きます。まだ若い苗でもなく、元気な葉をしているのに蕾がつかない場合は、水の与え過ぎ、肥料の与え過ぎによる葉の肥えすぎ、日照不足などがあります。鉢土の表面が乾いてから水を与え、チッソ分の肥料は控えめにして、直射日光に半日ぐらいは当てるようにします。しかし、真夏の日差しは強すぎるので、葉焼けしない程度にしておきます。

赤枯れ病

過湿による根腐れが原因で、葉が赤くなって枯れてしまいます。そのまま放置しておくといずれ枯れてしまうので、健全な部分を残して切り詰めて植え替えるか、健全な部分を切って挿し木します。寒い時期に症状が出てしまった場合は春を待ってから行います。

ナメクジ

梅雨時期などに新芽を食害します。市販の殺ナメクジ剤等をまいて除去します。

凍傷


凍傷を起こした月下美人
寒さに弱く、5度以下の低温にあうと凍傷になってしまいます。症状は褐色の斑点ができ、そこから枯れこんでいきます。冬は7度以上で管理するようにします。

食用月下美人

本来は他家受粉で実が成って食べられる植物です。しかし、昔からあるものは同じ株が挿し木で増やされた同じDNAを持った株が増えたと推測されるため、別のものを人工授粉しても、コピーされた同じDNAのため実が成る事はありませんでした。最近は別のDNAを持ったものが食用月下美人として売られている事があるので、これを手に入れる事ができれば、今持っているものと人工授粉させて実を成らせる事が可能になります。受粉の方法はどちらでもよいので、黄色い雄しべの花粉をもう一株の長い雌しべに受粉します。一晩しか咲かず二株が同時に花を咲かせる事は難しいので、先に咲いた方の雄しべの花粉を採ってビニール袋に密封して冷蔵庫に入れて保存しておいて、もう一株の花が咲いたら雌しべに人工授粉するとよいそうです。実は3ヶ月ぐらいしたら熟すそうで、弱い甘味のある味がするそうです。
関連リンク