トップアデニウム

アデニウム

学名:Adenium obesum
別名:砂漠のバラ、デザートローズ、アデニューム
科・属名:キョウチクトウ科・アデニウム属
原産地:アフリカ東部、 アラビア半島
分類:多肉植物、常緑低木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:なし
開花時期:5月〜9月
草丈:30cm〜50cm
花径:5cm〜7cm
花言葉:純な神経
通販:楽天市場にあり


アデニウムの写真

アデニウムの全体

アデニウム(白)

アデニウム(赤)
日本では砂漠のバラと呼ばれているぐらい美しい花を咲かせます。砂漠な中で育つ植物で、木の基部が膨らんだとても面白い樹形をしています。花は特に赤、ピンク系が光沢のある美しい花を咲かせます。樹形、花ともよい多肉植物です。

アデニウムの育て方

置き場所

砂漠で育つ植物ですので、一年中日当たりのよい所で育てます。耐寒性はないので、冬は室内に入れて、窓辺などの日当たりのよい暖かい場所に置きます。最低温度は5度以上で管理します。
4月中旬から10月中旬 室内、戸外の日当たりのよい所。
10月下旬から4月上旬 室内の日当たりのよい窓辺。最低温度は5度以上で管理

水やり

生育期の5月から10月は鉢土の表面が白く乾いてから、2、3日してから与えます。多肉植物ですので、乾燥にはとても強いですが、多湿には弱いので水の与え過ぎには注意してください。冬のアデニウムは完全に休眠するので、1ヶ月から2ヶ月ぐらいに1回と断水気味に管理します。冬に水を与えすぎると根腐れする事があるので注意してください。暖かくなったら新芽が出てくるので、少しずつ水やり回数を増やしてゆきます。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味なら植え替えをします。植え替え周期は2年に1回を目安に行います。時期は4月から5月頃に行うのが理想的です。多湿を嫌う多肉植物なので、用土は多肉植物専用の土を利用するのが安全だと思います。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土1、パーライト3ぐらいの水はけのよい用土がよいと思います。

増やし方(挿し木、種まき)

挿し木で増やすことが出来ます。切り口が腐らないように、日陰で乾かして挿します。時期は5月〜6月頃に行うのが理想的です。用土は多肉植物の土がよいと思います。花後に種が採れたら、種まきで増やす事もできます。時期は5月〜7月頃です。

肥料

5月から10月まで液体肥料などを定期的に与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

冬の管理方法

熱帯の植物なので、冬は室内の5度以上の明るい場所に置きます。冬は休眠してほとんど水を吸わないので、1ヶ月から2ヶ月に1回ぐらいと断水気味にして冬を越させます。生息地が乾燥地帯なので、水切れの心配は要りません。葉は多少落ちる事はありますが、暖かくなるとまた茂ってきます。
関連リンク