トップアロエ

アロエ

学名:Aloe
科・属名:ツルボラン科・アロエ属
原産地:アフリカ、マダガスカル
分類:多肉植物
寒さ:やや弱い(3度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:なし
草丈:30cm〜200cm
花序:5cm〜70cm
花長:1cm〜4cm
花色:赤、橙色、黄色、白
用途:鉢植え、ハーブ、薬草
花言葉:健康、信頼、万能
通販:楽天市場にあり


アロエベラ

キダチアロエ

アロエの花

花のアップ
アロエは薬草としてよく使われています。子供の頃は傷薬代わりや火傷の薬に使用した記憶があります。火傷の所につけるとヒリヒリする痛みが軽くなり、子供ながらに効果が分かりました。他に便秘、胃腸薬としても効果があります。口に入れると苦いですが、夜の方が苦味が減るそうです。名前はアラビア語で苦いという意味だそうです。
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
場所
室内の日向 日向(雨よけ) 室内の日向
植え替え
植え替え
株分け
株分け
挿し木
挿し木
肥料
肥料 肥料
鉢の水やり
断水気味 控えめ 鉢土の表面が完全に白く乾いてから 控えめ 断水気味

アロエの育て方

種類

アフリカを中心に450種類ぐらいがあると言われています。日本で一般的な種類は薬用として利用されているキダチアロエ、アロエベラです。キダチアロエは育てやすく、耐寒性に比較的強く暖地では庭植されている事があり、2月頃に花も咲かせる事があります。アロエベラはやや寒さに弱く、苦味が少ないので、ヨーグルトなどに入ったものが売られています。

置き場所

キダチアロエ

日当たりを好むので、年間を通じて日当たりのよい所で育てます。高温多湿をやや嫌うので、鉢植えでは梅雨の長雨を避けます。熱帯植物ですが冬の寒さには比較的強く、最低温度0度以上で越冬します。暖地では路地植えが可能で、冬は寒冷紗などで覆い霜よけしておくとよいです。暖地での鉢植えは戸外の霜の当たらない軒下で越冬が可能で、凍りそうな日だけ室内に入れるとよいです。寒い地域では室内の日当たりのよい所に置いて越冬させます。
4月から11月上旬 戸外の日当たりのよい所に置きます。
11月中旬から3月 室内の日当たりのよい所、暖地では戸外の軒下など。冬の最低温度は0度以上

アロエベラ

日当たりを好むので、年間を通じて日当たりのよい所で育てますが、小型で斑入りの種類は夏の強い日差しを避けます。夏の高温多湿を嫌うので、梅雨の長雨は避けるよう軒下などに置いておきます。冬の寒さはキダチアロエほど強くないので、室内に入れて5度以上で管理します。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月中旬から10月下旬 戸外の日当たりのよい所に置きます。(小型の斑入りは夏の強い日差しを避ける)
11月から4月上旬 室内の日当たりのよい所。冬の最低温度は5度以上

水やり

多肉植物で、乾燥にはとても強く多湿に弱い観葉植物です。生育期の4月〜9月頃は、鉢土の表面が完全に白く乾いてから水を与えます。秋になって気温が下がると鉢土があまり乾かなくなり、冬は1、2カ月に1回と断水気味にして越冬させます。冬に水を与え過ぎると根腐れするので注意してください。春になって桜が開花する頃から徐々に水を与えます。

肥料

生育期の春と秋に緩効性の化成肥料などを置き肥するか、定期的に液体肥料を与えるぐらいでよいです。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

植え替え

2年以上植え替えていない株は植え替えを行います。時期は春の4月中旬から6月頃が理想的です。多肉植物ですので、用土はサボテン、多肉植物専用の土、もし自分で作る場合は、赤玉土(小粒)5、腐葉土1、パーライト4ぐらいでよいです。その他は観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

増やし方

挿し木

古くなって茎が長くなリ過ぎたら、切り戻して挿し木する事が出来ます。茎の途中を切り戻すとわき芽が出るので、それを取って挿す事も出来ます。挿す前は切り口を日陰で乾かしてから挿します。用土は定植用の用土でかまいません。水やりは乾かし気味にした方が根が水を求めて伸びてきます。時期は5月から8月頃に行えます。

株分け

子株が出来るのでそれを分けて増やす事ができます。時期は植え替えと一緒に行います。

花の咲かせ方

冬から春にかけて花を咲かせます。苗は花を咲かせる力はありませんが、草丈が50cmぐらいある大きな株は開花させる事が可能です。通常の管理では花が咲き難いので、7月下旬から8月一杯まで断水させると花が咲きやすくなるそうです。

根腐れの対処

水を与え過ぎてしまうと根腐れしてしまう事があるので、土がいつも湿った状態にならないように注意します。もし腐らせてしまった場合は、茎の途中を切って挿し木するとよいです。
関連リンク