トップアフェランドラ・ダニア

アフェランドラ・ダニア

学名:Aphelandra squarrosa 'Dania'
科・属名:キツネノマゴ科・アフェランドラ属
原産地:ブラジル、園芸品種
分類:常緑小低木
寒さ:弱い(12度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
花期:6月〜9月
草丈:30cm〜100cm
花径:8cm〜15cm(苞)
花言葉:雄々しい、素敵な心
通販:楽天市場にあり

アフェランドラ・ダニア
アフェランドラ・ダニアの写真
アフェランドラ・ダニアの苞
アフェランドラ・ダニアの苞
アフェランドラ属はアメリカ温帯から熱帯に200種類ほどがあります。アフェランドラ・ダニアは園芸品種で、葉にくっきりとした白い葉脈が入った、いかにも熱帯植物らしい姿をしています。黄色い苞と花を咲かせるのも魅力で、春から秋の間楽しむ事ができます。

アフェランドラ・ダニアの育て方

置き場所

強い日差しを嫌うので、レースカーテン越しの日光に当てるか、明るい日陰で育てます。花を咲かせるにはある程度の日照が必要ですが、夏はレースカーテン越しの日光でも日差しが強いので明るい日陰で育てます。熱帯の植物で耐寒性はないので、冬は暖房の効いた室内で最低温度12度以上で育てます。
5月から10月中旬 レースカーテン越しの日光から明るい日陰。真夏は明るい日陰。
10月下旬から4月 室内のレースカーテン越しの日光。冬は直射日光。最低温度は12度以上で管理。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。空中湿度を好むので、霧吹きをかけながら育てます。秋の最低気温が20度を下回ると徐々に水を吸わなくなるので、それに合わせて水やり間隔もあけて行きます。冬は鉢土が乾いてから数日してからの水やりにして乾燥気味にします。真冬に水を与え過ぎると根腐れするので注意してください。その他、詳しくは観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

2年以上植え替えていなかったり、鉢の底から根が出て根詰まり気味なら植え替えをします。時期は高温多湿帯の熱帯観葉植物ですので6月から7月中旬頃の梅雨時期が理想的です。用土は観葉植物専用の土がよいと思います。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やす事が出来ます。時期は6月から7月中旬頃が理想的です。花が終わって切り取ると、下の節からわき芽が出てくるので、それが4節ほど伸びたら、切って挿し木にします。放置すると花を咲かせるので、咲かせたい場合は注意してください。アフェランドラ・ダニアは放置して花を咲かせ続けると、結構大きくなってしまうので、挿し木で作りなおして育てるとよいです。挿し木については挿し木のページをご覧ください。

肥料

春から秋まで花用の緩効性の化成肥料や液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。
関連リンク