トップベンジャミン・バロック

ベンジャミン・バロック

学名:Ficus benjamina 'Barok'
科・属名:クワ科・フィカス属
別名:ベンジャミナ・バロック、
原産地:園芸品種
分類:常緑小高木
寒さ:弱い(10度以上)
暑さ:強い
日照:日向(夏は半日蔭)
耐陰性:あり
花言葉:融通のきく仲間
通販:楽天市場にあり

ベンジャミン・バロック
ベンジャミン・バロック

ベンジャミン・バロックの葉
ベンジャミン・バロックは葉がカールした面白い姿をした観葉植物です。葉は内側に丸く曲がっていてフック状になっています。東南アジアの熱帯雨林に自生しているベンジャミンという名前で売られている観葉植物の園芸品種になります。寒さにやや弱いですが比較的育てやすく、以前から人気があります。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
室内の日向(8度以上) 日向 半日陰 日向 室内の日向
植え替え
適期
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料
水やり
控え目 表面が乾いたら 控え目

ベンジャミン・バロックの育て方

置き場所

日当たりのよい所を好みますが、夏の日差しは強過ぎて葉が焼ける事があるので避けます。室内では窓辺などの明るい所や夏に日の当たる所ではレースカーテン越しに当たるようにします。冬の寒さには弱いので、暖房の効いた部屋に置いて越冬させるようにします。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
5月から10月中旬 室内、戸外の日当たりと風通しのよい所(夏の強い日差しは避ける)
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい所から明るい所。最低温度は8度以上で管理

水やり

春から秋の生育期は、鉢土の表面が乾けばたっぷりと与えます。夏はよく水を吸うので乾かし過ぎないように注意してください。秋が深まってくると土の乾きが遅くなってくるので、徐々に水やり回数も減ってきます。冬になると成長も止まり、水をあまり吸わなくなるので、鉢土の表面が乾いて更に2、3日してからと控えめにします。冬の水やりが多いと根腐れしてしまう事があるので注意してください。冬は空気が乾燥するので、暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えるようすると葉が落ちるのを予防する事ができます。春になって気温が高くなると新芽が伸びてくるので、鉢土の表面が乾いたらたっぷりとに与えます。その他は観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

比較的成長が早いので2年に1回を目安に行うか、鉢の底から根が出て根詰まりしていたら毎年でも植え替えます。行う時期は春の5月から6月頃が理想的です。用土は市販されている観葉植物の培養土を使ったり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)7、腐葉土3ぐらいでよいです。その他は観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。

増やし方

挿し木

長さ10cmぐらいの挿し穂を用意して、一番下にある節の葉を取り除き、そこが用土に埋まるように挿します。あれば発根促進剤を利用するとつきやすくなります。直射日光の当たらない明るい日陰で水を切らさないようにして、発根して新芽が出てきたら鉢上げします。その他は挿し木のページを参考にしてください。

肥料

生育期の春から秋に緩効性の化成肥料などを置き肥したり、液体肥料を定期的に与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

剪定

生育がよいので、樹高が高くなり過ぎてしまったり、下葉が落ちて見苦しくなったら、将来の樹形をイメージして剪定するとよいです。切り口からべたつきのある白い樹液が出てきて、葉に着いて乾くと黒くなって取れ難いので拭き取るようにします。

冬の管理方法

寒さには強くないので、室内の明るく暖房の効いた所に置きます。寒さで水はあまり吸わないので、与え過ぎて根腐れさせないように注意してください。冬は空気が乾燥して葉が落ちやすいので、暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えるとよいです。その他は、観葉植物の冬の管理を参考にしてください。

冬を超えた春の状態

寒さでやや葉が落ちやすいので、春になると葉が減ってしまうものです。しかし、あまりにも落ちてしまった場合は根詰まりや根腐れしているかもしれないので、5月から6月頃に植え替えをして、必要なら剪定をして樹形を整えるとよいです。
関連リンク