トップボトルツリー

ボトルツリー

学名:Brachychiton rupestris
別名:ブラキキトン、ツボノキ
科・属名:アオギリ科・ブラキキトン属
原産地:オーストラリア
分類:常緑から落葉、低木から高木
寒さ:やや弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

クイーンズランド・ボトルツリー
クイーンズランド・ボトルツリーの写真

肥大する根元
オーストラリアに30種、パプアニューギニアに1種ほどが生息しています。主に出回っている種類は、広い葉のゴウシュウアオギリ(Brachychiton acerifolius)、細葉のクイーンズランド・ボトルツリー(Brachychiton rupestris)があります。右上の写真は細葉のクイーンズランド・ボトルツリーで、ともに20mぐらいの高木になります。名前はブラキキトンというのですが、根本が肥大してワインボトルのようになるので、ボトルツリーと呼ばれています。ゴウシュウアオギリの根本は肥大しませんが、現地では赤く美しい花を咲かせます。クイーンズランド・ボトルツリーの根元は肥大し、バオバブの木のようなユニークな姿になり、ツボノキとも呼ばれています。

ボトルツリーの育て方

置き場所

日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。耐陰性があるので明るい日陰でも育てる事ができますが、日当たりを好むのでたまに日光浴させるとよいです。秋の最低気温が13度を下回ってきたら室内へ入れ、冬は室内の日当たりのよい所で、最低温度5度以上で育てます。冬に葉を落とすことがありますが、暖かくなると徐々に新芽を吹いてきます。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
4月下旬から10月中旬 戸外または室内の日当たりのよい所。
10月下旬から4月中旬 室内の日当たりのよい所。最低温度5度以上で管理

水やり

乾燥地帯に生息しているので、乾燥には強い植物です。生育期の春から秋まで、鉢土の表面が白く乾いたらたっぷりと与えます。秋になって涼しくなってくると、徐々に乾きが鈍るので、徐々に水やり間隔もあけてゆきます。冬は鉢土の表面が白く乾いて2、3日してからの水やりにして、乾燥気味の水やりします。冬に水を与えすぎると、根腐れする事があるので注意してください。その他の水やりについては観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

2年に1度を目安に、鉢の底から根が出て根詰まり気味なら植え替えを行います。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。用土は水はけのよい用土を好みます。観葉植物専用の培養土にパーライトを1ぐらい混ぜるか、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト1などに植え替えます。あれば元肥としてマグァンプK(中粒)などを与えておくと、肥料切れの心配がありません。その他は観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

肥料

元肥を使用していなければ、春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥するか、定期的に液体肥料を与えればよいです。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。
関連リンク