トップカラテア

カラテア

学名:Calathea
科・属名:クズウコン科・カラテア属
原産地:熱帯アメリカ
分類:常緑多年草
寒さ:弱い(12度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり



カラテア・マコヤナ
カラテア・マコヤナの写真
カラテア・ゼブリナ
カラテア・ゼブリナ
カラテア・ゼブリナの花
カラテア・ゼブリナの花
カラテア・マシュー
カラテア・マシュー
カラテア・クロカータ
カラテア・クロカータ

カラテア・クロカータの花
熱帯アメリカを中心に150種類ぐらいが分布しています。葉模様がとても美しく、葉の裏が赤紫色がかった種類が多いです。よく見かけるブラジル原産のカラテア・マコヤナは葉の表と裏の葉模様は同じですが、葉の裏の色が赤紫かがっていて、カラテア・セブリナ、カラテア・マシューは葉の裏が赤紫一色になっています。紫色の花はゼブリナの花が咲いていた時の写真、橙色の花はカラテア・クロカータの花が咲いていた時の写真です。写真のセブリナとマコヤナの葉は長さが50cm以上ある大きなカラテアで植物園にありました。カラテアは熱帯植物らしいエキゾチックな姿をした観葉植物です。

カラテアの育て方

置き場所

直射日光と強い風を嫌う観葉植物なので、年間を通して直射日光の当たらない明るい室内で育てます。カラテアは夜になると休むように葉が上に立つ睡眠運動というおもしろい性質があって、別に異常ではありません。寒さには弱く、冬はできるだけ暖かい最低温度12度以上で管理します。カラテアは耐寒性に弱く空中湿度を好むので、温室で育てた方が楽だと思います。普通の部屋で冬越えさせたい場合は、暖房の効いた暖かい部屋で育て、特別に寒い日は寝る前にダンボールにバスタイルなどでしっかり包んだ湯たんぽと一緒に入れるなどして保温するとよいと思います。その際は、中が高温にならないよう注意してください。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。 カラテアの睡眠運動
カラテアの睡眠運動
5月から10月上旬 室内、戸外の強い風が当たらない明るい日陰。
10月中旬から4月 室内のレースカーテン越しの日光から明るい日陰。最低温度は12度以上で管理

水やり

春から秋の生育期は表面が乾いたらたっぷりと与えます。朝の最低気温が20度を以下になると徐々に水を吸わなくなるので、水やりの回数を徐々に減らしていきます。冬は表面が乾いてから数日の水やりにします。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。カラテアは高温多湿帯の観葉植物で葉に湿度を欲しがる観葉植物なので、霧吹きをして葉に湿度を与えながら育てます。葉が乾燥すると葉からの蒸散を防ごうと葉を丸めます。カラテアは冬の寒さに弱く温室向きの観葉植物なので寒さには十分注意してください。その他、水やりについては観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

2年に一度ぐらいは植え替えをします。根詰まりすると葉の縁が枯れてきます。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は水はけのよい用土を好むので水苔を単用したり、観葉植物専用の土にパーライトを1割ほど混ぜてもよいと思います。

増やし方(株分け)

子株が増えたら株分けで増やす事ができます。植え替えの時に、はさみなどで切り分けて株分けします。時期は植え替え時期と同じです。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料や液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

病気や害虫など

葉が丸まる

光の強すぎ、空中湿度の不足、強い風に当たると葉からの蒸散を防ごうと葉が丸まります。日が当たる場所では日陰に移動して、霧吹きで湿度を与えるとよいと思います。温室があれば中に入れて空中湿度を与えるとよいです。しかし、根腐れの場合は一時的に回復してもその後は枯れてしまいます。
関連リンク