トップキャニフォリウム

キャニフォリウム

学名:Philodendron cannifolium
別名:キャニフォリューム、ホテイカズラ
科・属名:サトイモ科・フィロデンドロン属
原産地:ブラジル
分類:常緑多年草
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

キャニフォリウム
キャニフォリウムの写真
大きなキャニフォリウム
大きなキャニフォリウム
キャニフォリウムの花
キャニフォリウムの花

キャニフォリウム2
丸くふっくらした葉元の先に光沢のある葉をつける、とても魅力的な観葉植物です。別名ホテイカズラは葉の基部が膨らんでいるのが七福神の布袋様のお腹のように見えるのでホテイカズラと呼ばれるようです。耐陰性があり日陰向きで、耐寒性も比較的ある方なので育てやすい観葉植物です。

キャニフォリウムの育て方

置き場所

日陰を好む観葉植物ですので、年間を通じて明るい日陰で育てます。冬は日差しが弱いので、多少は当てた方がよいと思います。秋の最低気温が15度を下回ったら室内へ入れ、冬は最低温度5度以上で管理します。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月上旬 室内または戸外の明るい日陰
10月中旬から4月 室内の明るい日陰、冬は最低温度5度以上で管理

水やり

春から秋の生育期は表面が乾いたらたっぷりと与えます。乾燥に強い観葉植物ですので、水切れの心配はあまり必要ありません。秋の最低気温が20度を下回ってくると徐々に水を吸わなくなるので、水やり間隔をあけてゆきます。冬は鉢土が乾いてから、さらに3、4日して与えるぐらい乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。その他、水やりについては観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え


横に広がって邪魔な葉
根が張りやすい観葉植物で、根が詰まって底から根が出てきたら植え替えます。大体2年に1回を目安に植え替えたらよいと思います。植え替え時期は春の5月から6月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の土を利用するのがよいと思います。自分は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいで植え替えています。キャニフォリュームは葉が横に広がって邪魔になるので、植え替える際は深く植え、葉が伸びると鉢の縁に当たって上向きに葉が伸びるよう工夫して植えるとよいです。下の写真はキャニフォリュームを植え替えた時の写真で、根が詰まって鉢から抜けず、鉢を切って根鉢を出しました。その後は植えるのが浅すぎて葉が横に広がって邪魔になってしまいました。植え替えについて、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。
キャニフォリュームの植え替え(2006/5月上旬)
キャニフォリウムの植え替え前
植え替え前
キャニフォリウムの根詰まり
根詰まり

根鉢の周りを崩した
キャニフォリウムの植え替え後
植え替え終了

増やし方(挿し木)

挿し木で増やす事が出来ます。伸びた茎から気根が伸びるので、伸びた茎の気根を残して土に植え付ければよいです。時期は植え替え時期に行います。
キャニフォリュームの挿し木

伸びた気根

挿し穂

植え付け

肥料

春から秋まで液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

冬の管理方法

観葉植物の冬の管理をご覧下さい。
関連リンク