トップアラレア(ディジゴセカ)

アラレア(ディジゴセカ)

学名:Dizygotheca elegantissima
別名:モミジバアラリア
科・属名:ウコギ科・シェフレラ属
原産地:ニューヘブリデス諸島
分類:常緑小高木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向(夏は半日蔭)
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

アラレア
アラレアの写真
アラレアの鉢植え
アラレアの鉢植え
アラレアの葉
アラレアの葉
アラレアは何種類かありますが、細い切れ込みの葉が10枚ぐらいあるグリーンアラレアがよく出回っています。オーストラリア東岸に分布している高さ8mぐらいになる熱帯の樹木で、夏は細葉がとても涼しげな観葉植物です。日当たりのよい所を好み、寒さもそれほど弱くないので、比較的育てやすいです。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
室内の日向(5度以上) 日向 半日陰 日向 室内の日向
植え替え
適期
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば与える 控えめ

アラレアの育て方

置き場所

日当たりを好むので日当たりのよい場所でそだてますが、夏は日差しが強すぎるので午前中の日光があたるような半日陰で育てます。耐陰性があるので、明るい日陰でも育てる事ができますが、日の当たらない場所ではたまに日光浴させてあげます。耐寒温度は5度ぐらいと比較的寒さに強い方なので、室内の寒暖の少ない暖かい部屋で育てます。寒暖の差が大きいと葉が落ちるように思えます。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月中旬 戸外または室内の日当たりのよい場所。(夏は半日陰)
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい場所。最低温度5度以上で管理

水やり

生育期の5月から9月は鉢土の表面が乾いたらたっぷりに与えます。置き場所にもよりますが、夏はよく水を吸うので、水切れさせないように注意してください。秋の最低気温が20℃を下回てきたら土の渇きが徐々に遅くなるので、水やり間隔を徐々にあけてゆきます。冬は鉢土の表面が白く乾いてから3、4日しての水やりにして乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。春になって気温が上がってくると、徐々に水を吸いはじめて乾くのが早くなるので、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。その他は観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味だったり、2年以上植え替えていない株は植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいです。その他は観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料、液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

切り戻し

大きくなると葉の切れ込みが変わって、本来の涼しげな細葉が出てこなくなります。樹形を3分の1ぐらいに切り戻すと、新芽からまた細葉が出てくるようになります。切り戻しの時期は春の新芽を吹く頃から5月頃までにやってしまうのが理想的です。切り戻した茎から細葉の出ているわき芽を挿し穂に利用する事ができます。その他は観葉植物の切り戻しをご覧ください。

増やし方(挿し木)

わき芽や、切り戻した先などを挿し穂に挿し木が行えます。挿し穂の一番下の葉をちぎってそこが土に埋まるように挿します。ある程度大きくなったら先を切り戻してわき芽を出させ、アラレアの姿をボリュームのある姿に仕上げます。挿し木の用土は赤玉土(小粒)などを利用すればよいと思います。その他は挿し木のページをご覧ください。

冬を越えた春のアラレア

多少は葉が落ちているものです。あまりにも落ちてしまっている場合は、春に植え替えを行い、必要なら切り戻しを行います。
関連リンク