トップフィットニア

フィットニア

学名:Fittonia
別名:シロアミメグサ(緑、白)、ベニアミメグサ(赤)
科・属名:キツネノマゴ科・フィットニア属
原産地:南アメリカ
分類:常緑多年草
寒さ:弱い(10度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

フィットニア
フィットニアの写真(シロアミメグサ)
赤いフィットニア
赤いフィットニア(ベニアミメグサ)
フィットニアの花
フィットニアの花

フィットニアの花のアップ
フィットニアはアンデス山脈の湿った所に生息しています。シロアミメグサという緑の葉に白い葉模様のある種類、ベニアミメグサという赤い葉模様のある種類があり、ベニアミメグサの方が一回りから二回りほど葉が大きいです。水を好み強い日差しを嫌う観葉植物で、寒さにやや弱いです。横に匍匐する植物なので、同じ水を好み強い日差しを嫌う植物との寄せ植えにも向いています。

フィットニアの育て方

置き場所

強い日差しを嫌う植物なので、強い日差しの当たらない所で育てます。冬の寒さには弱い観葉植物なので、冬は室内の明るく暖かい最低温度10度以上の所で管理します。前に育てていた時に、寒波の日に一晩で枯れた事があるので、今はビニール温室の中で冬を超させています。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月上旬 戸外、室内の明るい日陰で育てます。
10月中旬から4月 室内のレースカーテン越しの日光から明るい日陰。最低温度は10度以上で管理します。

水やり

鉢土の表面が乾いたら十分に与えます。初夏からはとてもよく水を吸うようになるので、表面が乾く前に与えるようにします。もし水を切らすと、草花のように葉がしおれてきます。ですが、すぐに水を与えればまた元に戻ります。多湿を好むので、霧吹きで葉水を与えてください。秋からは水をあまり吸わなくなるので、だんだん控えめに水を与えるようにします。冬は鉢土の表面が乾いてからとやや乾燥気味な水やりにしますが、水切れすると葉が萎えるので注意してください。その他、詳しくは観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

根詰まりで鉢の底から根が出ていたり、根が痛んで新芽の伸びが悪かったり、植え替えを2年以上していない株は、春の植え替えをします。植え替え時期は5月上旬から8月中旬までに行ないます。用土は市販されている観葉植物専用の土、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土3、ピートモス1ぐらいでよいです。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

肥料

春から秋まで液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

増やし方(水差し、挿し木)

水挿し、土に挿して簡単に増やす事ができます。3、4節ぶんの挿し穂を用意し、一番下の節の葉をちぎって、その節を水につけるか、土に挿せばよいです。時期は20度以上の暖かい5月から8月まで行えます。その他、詳しくは挿し木、挿し芽のページをご覧ください。

冬の管理方法

フィットニアは寒さに弱く、寒さに当たると簡単に枯れてしまいます。寒い日にはしっかりとダンボールなどに入れて保温してください。温室内で育てると、温度が20度もあれば十分成長します。その他、詳しくは観葉植物の冬の管理をご覧下さい。
関連リンク