トップヘンリーヅタ

ヘンリーヅタ

学名:Parthenocissus henryana
科・属名:ブドウ科・ツタ属
原産地:中国
分類:落葉つる性低木
寒さ:強い
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり
草丈:10cm〜20cm
観賞時期:4月〜11月
用途:鉢植え、花壇、グランドカバー
通販:楽天市場にあり


ヘンリーヅタの写真

よじ登ったヘンリーヅタ
つる性でとても丈夫なヘンリーヅタです。蔓は塀などがあれば、気根でへばりついてよじ登って蔓を伸ばします。耐寒性は強く、秋には紅葉して、その後は落葉して越冬します。斑入りの種類もあります。

ヘンリーヅタの育て方

置き場所

日当たりのよい所から午前中の日光が当たるような半日陰でよく育ちます。耐寒性は強く、秋に戸外では低温に当たると紅葉して、冬には落葉して越冬します。耐陰性があるので、明るい日陰でも育ちますが、紅葉は日が当たる方が鮮やかに成ります。

水やり

鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。花壇では通常は特に与えなくてもかまいませんが、あまり雨が降らずに地面が乾くようなら与えます。

植え替え

鉢植えでは1、2年を目安に、根詰まり気味なら植え替えます。用土は排水性と保水性があれば特に選びません。たとえば赤玉土(小粒)6、腐葉土4などに植え替えます。

植え付け

春から秋にポット苗が手に入れば植えつけられます。植え付け時に腐葉土と堆肥などを混ぜ込んで植えつけるとよいです。

肥料

鉢植えでは春から秋の間に緩効性の化成肥料などを、花壇では春と秋に固形油かすなどをばら撒くぐらいでかまいません。

増やし方

株分け

蔓から気根を伸ばして這いながら増えるので、株分けして簡単に増やす事ができます。時期は春の4月から6月頃、秋の10月頃にも行えます。

挿し木

挿し木で増やす事ができます。3節分ぐらいの挿し穂を用意して、一番下の葉をちぎって10分ぐらい水揚げします。あれば発根促進剤をつけて、ちぎった葉の節が用土に埋まるように挿します。その他は挿し木のページをご覧ください。
関連リンク