トップハイビスカス

ハイビスカス

学名:Hibiscus
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:ハワイ諸島、マスカレン諸島
分類:常緑中低木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:なし
花径:5cm〜15cm
樹高:〜5m
用途:鉢植え
花言葉:繊細な美、新しい恋、常に新しい美
通販:楽天市場にあり




ハイビスカス

ハイビスカス(橙色)

ハイビスカス(黄色)

丸い葉のハイビスカス

斑入りハイビスカス

ハイビスカス(コーラル系)
ハイビスカスの魅力はなんと言っても南国らしい大きくて美しい花です。沖縄の庭木に植えられている事で知られていますが、大分県の海辺の暖かい地域でも植えられて花を咲かせています。花の色も多く、花がなくなっても葉が深い緑色をして観葉植物としても楽しめます。比較的育てやすい植物なので昔から人気もあります。上のピンク色の種類はハイビスカスとフウリンブッソウゲと交配させたコーラル系のハイビスカスでやや下向きに花が咲きます。
大分県四浦半島に咲くハイビスカス
作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花
場所
室内の日向(5度以上) 日向(夏の西日は避ける) 室内の日向
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
剪定
剪定
肥料
肥料
鉢の水やり
控えめ 鉢土の表面が乾いたら与える 控えめ

ハイビスカスの育て方

置き場所

日当たりを好みますので、年間を通じて日当たりのよい所に置きます。しかし、夏は日差しが強すぎて葉焼けする事があるので、夏の西日が当たらない日当たりのよい所で育てます。日照不足は開花に影響するので注意してください。冬の寒さには強くないので、最低温度が15度を下回る秋になれば室内の日当たりのよい所から、できるだけ明るい所に置き、冬は最低温度5度以上の暖かいで所で冬を越させます。その他は置き場所を参考にしてください。
4月中旬から10月下旬 戸外の日当たりのよい所。(真夏の西日は避ける)
11月から4月上旬 室内の日向から出来るだけ明るい所。最低温度は5度以上で管理

水やり

生育期の春から秋は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。ハイビスカスは初夏から初秋の生育期はとても水を吸い上げ、朝と夕方の二回水やりする事もあるので、夏の水切れには注意してください。秋の最低温度が20度を下回ってくると徐々に水を吸い上げなくなるので、だんだん水やり回数を減らしていきます。真冬は鉢土の表面が乾いてから与えます。真冬に水を与え過ぎると根腐れする事があるので注意してください。冬は空気の乾燥と寒さで葉を落としやすいので、暖房の効いた暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えながら育てるとよいです。その他は、水やりのページを参考にしてください。

植え替え

毎年植え替えをします。ハイビスカスはとても根のスピードが速く、すぐに根詰まりをするので注意してください。根詰まりすると花つきが極端に悪くなります。時期は4月上旬頃から5月頃に植え替えるのが理想的です。用土は赤玉土(小粒6)、腐葉土4ぐらいでよいです。肥料切れすると良い花が咲かないので、元肥としてマグァンプK(中粒)などの緩効性の化成肥料を混ぜて植え替えるとよいです。根鉢の古い土を3分の1ぐらいくずして、一回り大きな鉢に植え替えます。その他は植え替えを参考にしてください。

植え替え前

根鉢を3分の1壊した

植え替え後

剪定


剪定後

開花
一年もすると下葉がなくなって樹形が乱れてくるので、春の4月頃に将来の鉢とのバランスを考えて剪定します。また、枝と枝とが重ならないよう日当たりをよくして剪定します。5月上旬頃から花芽ができる花芽分化が始まるので、遅くならないよう注意します。

増やし方(挿し木)

挿し木で簡単に増やす事が出来ます。時期は5月〜7月上旬頃に行うのが理想的ですが、8月一杯まで行なえます。一ヶ月もすれば発根しますので、鉢上げして定植します。高さが15cmぐらいになったら摘心して枝数を増やさせます。売られているものはわい化剤処理をされて、なかなか大きくならないようにして売られていますが、挿し木をしたものはどんどん大きくなります。その他は挿し木のページを参考にしてください。わい化剤については矮化剤を参考にしてください。

肥料

春から秋まで花用の緩効性の化成肥料や骨粉入りの固形油かすなどを置き肥して、液体肥料も定期的に与えます。肥料切れすると花つきが悪くなるので、植え替えの際に元肥としてマグァンプK(中粒)などを利用するとよいと思います。その場合は置き肥する必要ありません。その他は、花の肥料を参考にしてください。

冬の管理方法

熱帯の植物で寒さには強くないので、冬は室内の日当たりが良く、最低温度5度以上の暖かい所で冬を越させます。水は控えめに、鉢土の表面が白く乾いてからと控えめに水を与えます。水が多いと根腐れしてしまう事があるので注意します。冬は空気の乾燥と寒さで葉を落とす事が多いので、暖房の効いた暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えながら冬を越させるとよいです。

冬を越えた春のハイビスカス

冬を越えたハイビスカスは葉が黄ばんだり、葉が少なくなっているものです。春の桜が散る頃を過ぎたら植え替えをします。植え替えを怠ると、花つきが悪くなります。

病気や害虫など

葉が落ちる

冬の2月を過ぎると急に落葉してしまう事があります。原因は根詰まりか、水の与え過ぎが原因の可能性があります。ハイビスカスは葉が落ちても、通常は根が生きている事がほとんどで、春に植え替えを行えば、夏頃までには葉が茂って回復してきます。

花つきが悪い

根詰まりすると花つきが悪くなります。もし、植え替えを行なっていても花つきが悪い場合は肥料不足か日照不足の可能性があります。

アブラムシ、ハダニ

新芽や蕾にアブラムシが発生したり、葉の裏にハダニが発生する事があります。見つけたらスミチオンや殺ダニ剤などを散布して駆除します。オルトラン粒剤を散布しておくと予防が可能ですが、室内では臭うので戸外での散布になります。その他は害虫のページを参考にしてください。