トップカシワバゴムノキ

カシワバゴムノキ

学名:Ficus lyrata
科・属名:クワ科・フィカス属
原産地:熱帯アフリカ
分類:常緑性高木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:半日蔭
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

カシワバゴムノキ
カシワバゴムノキの写真

カシワバゴムノキ2
カシワバゴムノキは光沢のある大きな葉をしています。葉がカシワの葉に似ている事からこのような名前が付いているようです。耐陰性があるので明るい日陰でも育てる事ができます。葉が大きくとても存在感があるので、大きな観葉植物も見られます。

カシワバゴムノキの育て方

置き場所

カシワバゴムノキは薄日が差すような明るい半日陰を好みます。室内の明るい窓辺などで育てますが、強い日差しは葉が焼けるので、夏は直射日光の当たらない明るい日陰で育てます。耐陰性が強いので、明るい日陰でも育てる事ができます。戸外に置いているものは秋の最低気温が15度以下になったら室内の半日陰に置き、冬は最低温度5度以上で日当たりのよい所で管理します。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
5月から10月中旬 戸外または室内の明るい日陰。直射日光は避ける。
10月下旬から4月 室内の日当たりのよい所から半日陰。最低温度5度以上で管理

水やり

生育期の春から秋は鉢土の表面が白く乾いたら十分に与えます。多湿を好む観葉植物なので、時々葉水を与えながら育てます。秋の最低気温が20℃以下になったら、水やり回数を徐々に控え、冬は白く乾いてから3、4日しての水やりにして乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。真冬は暖房などで空気がよく乾燥するので、暖かい時間を選んで、葉に霧吹きをかけて湿度を保つよう管理します。春になって暖かくなってくると、だんだんと水を吸いはじめて乾くのが早くなるので、鉢土の表面が白く乾いたら十分に与えます。その他、詳しくは観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

2年に1度を目安に植え替えを行います。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいと思います。その他、詳しくは植え替えのページをご覧ください。

肥料

春から秋まで緩効性の化成肥料や液体肥料などを定期的に与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

増やし方(挿し木)

3節分の挿し穂を用意して下葉を取って、そこが土に埋まるように挿します。カシワバゴムノキの葉の面積は大きいので、面積を半分ぐらい切って行った方がよいと思います。その後は土を乾かさないよう、風の当たらない明るい日陰で管理します。その他、詳しくは挿し木のページをご覧ください。
関連リンク