トップモンステラ

モンステラ

学名:Monstera
科・属名:サトイモ科・モンステラ属
原産地:熱帯アメリカ
分類:常緑半蔓〜半つる性性多年草
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり


モンステラ

モンステラ・デリシオサ(植物園)

モンステラの花

ヒメモンステラ
モンステラは熱帯アメリカの25種類ほどが生息しています。葉の長さが1m以上と大きなデリシオサ、葉が20cmほどのヒメモンステラ、白い斑が入ったものがあり、他に葉に切れ込ものないマドカズラやハネカズラなどもあります。名前はラテン語で「怪物」を意味する言葉だそうで、とても葉の大きいデリシオサを見た人が名付けたのかもしれません。植物園に大きなものが植えられていて、大きな花が咲いているのを見かける事があります。花が熟すと実は果物として食べる事ができるそで、沖縄の方では10月頃に売られているそうです。葉に切れ込みのあるユニークな姿をした人気のある観葉植物で、耐陰性があり寒さにも比較的強く育てやすいです。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
室内の明るい所(5度以上) 明るい日陰 室内の明るい所(5度以上)
植え替え
適期
挿し木
挿し木・茎伏せ
切り戻し
切り戻
肥料
肥料
水やり
控え目 表面が乾けば 表面が乾いてきたら 表面が乾けば 控え目

モンステラの育て方

置き場所

強い日差しを嫌うので、年間を通じて明るい日陰で育てるとよいです。耐陰性は強いですが、あまり暗いと貧弱に育つので、出来るだけ明るい所で育てます。冬の寒さには強くないので、秋の最低温度が15度を下回ったら、戸外にあるものは室内へ入れ、冬は最低温度5度以上の明るい所から日当たりのよい所で育てます。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月下旬から10月中旬 戸外、室内の明るい日陰で育てます。
10月下旬から4月中旬 室内の明るい日陰から日当たりのよい所(最低温度5度以上)

水やり

生育期の5月から10月中旬までは鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。秋の最低気温が20度以下になってくると渇きが遅くなってくるので、水やりの回数も徐々に減ってゆきます。冬は表面が白く乾いてから2、3日後の水やりにして乾燥気味に管理します。高温多湿を好むみ空中湿度を欲しがるので、霧吹きで葉水を与えるように育てます。その他は観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

植え替え周期は2年に1回を目安に、根が鉢の底から出て根詰まりしたら毎年でも植え替えます。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。根を痛めないよう古い土を崩し、腐った根は取り除き、伸び過ぎた根は適度な長さに切って植え替えます。とても大きくなる観葉植物なので、樹形に合ったやや大きめの鉢に植え替えます。蔓は将来また伸びるので、必要なら長めのヘゴや支柱などで支えるとよいです。ヘゴを利用する場合は茎の気根が着くように紐などで巻きます。用土は市販されている観葉植物の土や自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいです。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

切り戻し

蔓が長く延び過ぎて邪魔だったり、下葉が無くなったりして樹形が乱れたら切り戻しをします。時期は植え替えと一緒に行いますが、単に伸び過ぎて邪魔な蔓を切るのはいつでもよいです。
切り戻し前

切り戻し後

増やし方

挿し木

葉の付いた2、3節ぐらいの挿し穂を用意します。上の葉を1枚だけ残して残りの葉は取り除きます。長過ぎる邪魔な気根があれば適度な長さに切って、下の1、2節ぐらいが土に埋まるように挿します。葉が大きいので、半分ぐらいの面積になるように切った方が葉からの蒸散が減って着きやすくなります。時期は5月から7月頃に行うのが理想的です。容易に増えるので、切り戻した場合はためしにやってみるのも面白いと思います。写真は10月と時期が遅かったので、温室の中で温度設定20度にして管理しました。その他は挿し木のページを参考にしてください。

挿し穂

10月中旬に挿し木

3月上旬に新芽

茎伏せ



茎伏せ
葉がなくなってしまった茎を利用して増やす事もできます。方法は2、3節ぐらいの茎を用意します。長く伸び過ぎた気根は適度な長さに切り取り、用土の上に気根が下になるよう軽く埋めます。しばらくして、新芽が出てきたら鉢に仮植えするとよいです。数本の芽が出た場合は、一つずつになるように切り分けてもよいです。

肥料

生育期の春から秋まで、緩効性の化成肥料などを置き肥したり、定期的に液体肥料を与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

冬の管理方法

寒さには比較的強い方で、暖房のあたる明るい場所で育てれば特に難しい事はありません。冬は生育が止まるので、水を与え過ぎて根腐れさせないよう注意して、肥料は与えないようにします。暖かい時間帯に葉水を与えて葉の乾燥を防ぐように心がけて育てるとよいです。空中湿度を好むので、ビニール温室の中で育てると気根が長く伸びてきます。その他は観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

冬を越えたモンステラ

比較的寒さに強い観葉植物で、冬を越えても多少葉が減るぐらいで、あまり姿を乱しません。もし姿が乱れている場合は、春に必要なら葉の減った蔓を切り戻して植え替えます。あまりにも調子が悪い場合は、挿し木や茎伏せをして仕立て直しすとよいと思います。
関連リンク