トップフィロデンドロン・オキシカルジウム

フィロデンドロン・オキシカルジウム

学名:Philodendron oxycardium
別名:ヒメカズラ
科・属名:サトイモ科・フィロデンドロン属
原産地:メキシコ東部、西インド諸島
分類:つる性多年草
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:明るい日陰
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり


フィロデンドロン・オキシカルジウム

フィロデンドロン・オキシカルジウム2
フィロデンドロン・オキシカルジウムはつる性のフィロデンドロンの仲間です。つる性の茎にハート形の葉をつけ、ヒメカズらという和名もあります。葉の色が緑色をしている原種の他、園芸品種で葉がライム色をした種類、斑入りの種類もあります。耐陰性が強く明るい日陰で育てる事ができ、寒さにも比較的強いので、暖房の効いた部屋では冬でも蔓を伸ばす事があります。よくヘゴ仕立てにされています。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
場所
明るい室内(5℃以上) 明るい日陰 明るい室内(5℃以上)
植え替え
適期
挿し木
挿し木
切り戻し
切り戻し・剪定
肥料
肥料
水やり
控え目 鉢土の表面が表面が乾いたら 控え目

フィロデンドロン・オキシカルジウムの育て方

置き場所

強い日差しを嫌うので、強い日差しの当たらない明るい日陰で育てます。耐陰性が強いので明るい日陰でも育ちますが、あまり暗いと茎と茎の間があいて間延びするので、できるだけ明るい所で育てます。日差しの緩やかな春や秋はレースカーテン越しの日光に当てた方がよく育ちます。冬は室内の日当たりの良い最低温度が5度以上の温かい所に置きます。暖房の効いた部屋では、冬でも蔓を伸ばす事があります。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
4月中旬から10月中旬 室内や戸外の明るい日陰。強い日差しは避ける。
10月下旬から4月上旬 室内の日当たりのよい所。最低温度は5度以上で管理

水やり

生育期の春から秋は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。秋の最低気温が20度を下回ったくると、徐々に水を吸わなってくるので、それに合わせて水やり回数を減らしていきます。冬は鉢土の表面が白く乾いてから、さらに2、3日してからの水やりにします。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。空中湿度を好むので、霧吹きで葉水を与えながら育てるとよいです。その他は観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

2、3年に一度ぐらい植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。土は市販されている観葉植物専用の土でよいと思います。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4などです。つる性なのでヘゴ仕立てや吊り鉢などにして植えるとよいと思います。その他は観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。

増やし方(挿し木)

挿し木で容易に増やすことができます。時期は5月から8月頃、方法は2、3節分の挿し穂を用意して、一番下の葉を取り、取った葉の節が用土に埋まるように挿します。葉が大きい場合は、葉を半分ぐらいの面積に切って挿すとよいです。その他は観葉植物の挿し木のページを参考にしてください。

肥料

生育期の春から秋まで緩効性の化成肥料を与えて、定期的に液体肥料などを与えます。真夏に液体肥料を与える時は薄めにして与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

切り戻し

蔓がよく伸びるので、伸びすぎたら適度な長さに切り戻せばよいです。時期は植え替えの時が一番よいですが、邪魔になった蔓ならいつでも行えます。切った先は挿し木に利用できます。

冬の管理方法

冬を暖かい室内で越させれば、あまり葉が傷んだり落としたりする事なく、暖房の効いた部屋では冬でも蔓を伸ばす事があります。空中湿度を好むので、暖かい時間帯に霧吹きで葉水を与えながら育てます。その他は、観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

冬を超えたフィロデンドロン・オキシカルジウム

あまり多く葉を落とす事はありません。冬でも暖かい所なら蔓を伸ばすので、もし伸び過ぎた蔓があれば切り戻します。もし、葉を落とすようなら根詰まりや根腐れが原因かもしれません。植え替えシーズンに新しい用土で植え替えて、葉の減った蔓は葉のある所で切るとよいです。
関連リンク