トップピレア・カディエレ

ピレア・カディエレ

学名:Pilea cadierei
別名:アルミニウムプランツ
科・属名:イラクサ科・ピレア属
原産地:ベトナム
分類:常緑多年草
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:半日蔭
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

ピレア・カデイエレイ
ピレア・カディエレの写真
ピレア・カデイエレイの寄せ植え
ピレア・カディエレの寄せ植え
ピレア・カディエレは葉に光沢のある銀白色の模様があり、それがアルミニウムのような色をしているので、別名アルミニウムプランツとも言われています。葉の濃い緑色と銀白色の模様がエキゾチックな感じを演出してくれます。

ピレア・カディエレの育て方

置き場所

木漏れ日の当たるような日差しを好みます。日差しの弱い時期は日光に当てて育てますが、強い日差しを嫌うので、夏の強い日差しは避けます。耐陰性は強いですが、あまり暗いと葉と葉の間があいて徒長してしまうので、できるだけ明るい所で育てます。冬は室内の日当たりの良い場所に置き、最低温度5度以上で管理します。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月中旬から10月中旬 室内または戸外の半日蔭(夏の直射日光は避ける)
10月下旬から4月上旬 室内の日当たりのよい所から明るい日陰。最低温度は5度以上で管理。

水やり

最低気温20度以上ある時期の生育期は表面が乾く前にたっぷりと水を与え、霧吹きで葉水して保湿をしてあげるように育てます。生育期は水を切らさないように注意してください。秋の最低気温が20度を下回ってきたら徐々に水やり回数を減らし、冬は表面が乾いてから2、3日してからの水やりにします。その他、詳しくは観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味になったり、2年以上植え替えていない株は植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)5、腐葉土4、ピートモス1ぐらいでよいです。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

切り戻し

茎が長く伸びて樹形がおかしくなったら、節を2、3節残して思い切って切り戻します。節から新しく芽が出てきます。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。切った穂は挿し芽や水差しに利用できます。

増やし方(挿し芽、水差し)

挿し芽、水差しで簡単に増やす事が出来ます。茎を2、3節残して切り、下の節の葉を取り、下の節が土や水に浸かるように挿します。時期は5月から8月頃の最低気温が20度以上あればいつでも行なえます。その他、詳しくは挿し木のページをご覧ください。
挿し木 挿し木後約一ヶ月
ピレア・カデイエレイの挿し穂
2005/7月上旬
ピレア・カデイエレイの挿し木
2005/7月上旬
新芽が出たピレア・カデイエレイ
2005/8月中旬

肥料

春から秋まで液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

寄せ植え

ピレア・カディエレは寄せ植えのアクセントとしても利用できます。同じ保水性のよい観葉植物と寄せ植えするとよいと思います。その他は寄せ植えのページを参考にしてください。

冬の管理方法

日当たりの良い窓辺などで、最低温度5度以上で育てます。湿度を好む観葉植物なので、霧吹きで保湿してあげるとよいです。その他、詳しくは観葉植物の冬の管理を参考にしてください。
関連リンク