トップポインセチア

ポインセチア

学名:Euphorbia pulcherrima
科・属名:トウダイグサ科・ユーフォルビア属
原産地:メキシコ、中央アメリカなど
分類:常緑低木
寒さ:弱い(5度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり(開花時期のみ)
花期:11月〜1月
樹高:20cm〜150cm
花径:約 0.5cm〜1cm
用途:鉢植え、寄せ植え
花言葉:祝福、私の心は燃えている
通販:楽天市場にあり



ポインセチア
ポインセチアの写真
ポインセチアの花
ポインセチアの花
ピンク色のポインセチア
ピンク色のポインセチア
ポインセチア・アイスパンチ
ポインセチア・アイスパンチ
ポインセチア・ウインターローズ
苞のカールしたウインターローズ
ピンクユーフォルビア
ピンクユーフォルビア
プリンセチア
プリンセチア

沢山のポインセチア
ポインセチアの木
ポインセチアの木

白いポインセチア
ポインセチアはクリスマスを飾る観葉植物として秋頃からお店に出まわります。メキシコ、中央アメリカの暖かい所に生息する寒さに弱い常緑の樹木です。大きな花のように見えるのは、苞葉と言われるもので、花は一番上に小さく咲いているものがそうです。一番ポピュラーな苞の色は赤ですが、他に白やピンク色をしたものや、苞がカールしたポインセチア・ウインターローズという園芸品種の他、同じユーホルビア属で、ポインセチアの血筋を持ったピンクユーフォルビア、プリンセチアなど、沢山の品種が出回っています。

作業カレンダー(暖地基準の育て方)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
開花 開花
観賞時期
苞葉の観賞 苞葉の観賞
場所
室内の日向(10度以上) 日向 室内の日向(10度以上)
短日処理
短日処理
植え替え
植え替え
挿し木
挿し木
摘心
摘心
肥料
液肥 肥料 液肥
鉢の水やり
控えめ 表面が乾けば 毎日 表面が乾けば 控えめ

ポインセチアの育て方

購入したポインセチア

熱帯の植物で、生育温度が20度から30度ぐらい必要とする寒さに弱い植物です。購入時期は秋から冬になるので、置き場所は室内の10度以上を保てる所、できるだけ暖かく日当たりがよい窓際などに置きます。水やりは鉢土の表面が乾いてくれば与えますが、夜間冷え込みそうな部屋では、鉢土の表面が白く乾いてから与えるようにして、水は控えめにします。肥料は1000倍ぐらいに薄めた花の液体肥料を2、3週間に1回ぐらい1月頃まで与えます。

置き場所

日当たりを好むので、生育期の5月から10月頃までは日当たりのよい場所で育てます。秋の最低気温が15度を下回ったら室内に入れ、出来るだけ日当たりのよい場所で育てます。冬の耐寒温度は5度ぐらいありますが、購入して色の付いた苞を長く楽しむためには、出来るだけ日当たりがよく暖かい、最低温度10度以上で管理するようにします。得に購入したものは温室育ちなので、寒さで葉が落ちやすいです。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
5月から10月上旬 日当たりのよい戸外に置きます。
10月中旬から4月 室内のできるだけ明るい所。最低温度は10度以上で管理します。

水やり

生育期の春から秋は表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。夏の強い日差しの下ではよく水を吸い上げるので、毎日の水やりになります。寒くなってきたら水やり回数を徐々に減らし、冬は土の表面が乾いてから与えます。苞の上に花が咲いている時期の乾かし過ぎはよくありませんが、水を与え過ぎると根腐れする事があるので注意してください。その他、詳しくは観葉植物の水やりを参考にしてください。

短日処理

12時間以上の暗闇にあう短日条件にならないと、苞が鮮やかに発色しない性質があります。時期はまだ気温の高い8月中旬から9月頃、夕方の5時〜6時ぐらいから翌朝の7時〜8時ぐらいまでダンボール箱などに入れて、40日から50日間は完全に光を遮断して短日処理をします。この期間は夜間でも15度以上を保つようにして、苞をできるだけ育てるようにします。

植え替え

毎年植え替えるのがよいと思います。根鉢の3分の1ぐらい崩して一回り大きな鉢に植え替えます。時期は4月中旬から5月頃が理想的です。用土は観葉植物専用の培養土や、自分で作る場合は赤玉土(小)6、腐葉土3、パーライト1ぐらいでよいです。あれば元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んでおくとよいです。その他は観葉植物の植え替えを参考にしてください。

摘心

ポインセチアの摘心
植え替えと摘心
秋のポインセチア
葉が茂った
ボリュームのある苞をつけさせるため、植え替えの4月中頃に各枝の節を3節以上を残して、できるだけ葉を残すように摘心します。購入時のポインセチアはわい化処理がされて、茎の間が狭く引き締まったボリュームのある姿をしていますが、数か月もすると矮化剤が切れるので、翌年には購入時のようなコンパクトな樹形にはならないです。矮化剤は摘心後に使用すると効果があるそうです。矮化剤については矮化剤のページを参考にしてください。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やす事ができます。時期は5から6月ぐらいが理想的です。新芽の先端や摘芯したものを挿し木に利用すればよいと思います。挿し穂から白い樹液が出るので、水に1時間ぐらい浸けてから挿すとよいです。用土は赤玉土(小粒)や鹿沼土(小粒)などを使い、ポットに1、2本挿したり、平鉢に沢山挿してもよいと思います。その他は挿し木のページを参考にしてください。

肥料

マグァンプK(中粒)などの元肥を混ぜ込んでいなければ、春から秋まで花の緩効性肥料などを定期的に与えます。花期の11月から1月頃までは1000倍ぐらいに薄めた花の液体肥料を2、3週間に1回ぐらい与えます。肥料については観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

冬を超えたポインセチア

2007/5 2007/9
葉が落ちたポインセチア
植え替え後、摘心前
植え替え4ヶ月後のポインセチア
4か月後
冬の寒さで葉の多くが落ちてしまう事があります。特に購入した鉢植えは温室育ちで寒さに弱いので、葉を沢山落とす事が多いです。葉が落ちても春になると新芽が吹く事が多いので、春に植え替えと摘心をして仕立て直すと、秋までにまた葉を茂らせます。

まめ知識

通常パテントという著作権のようなものがあり、パテント料を支払わずに営利目的で挿し木して売る事ができなくなっています。個人が趣味で挿し木して育てるのは問題ないそうです。

病気や害虫など

苞の色がでない

短日条件にさらされないと色が出難い性質があります。もし、ちゃんとしたけど発色しない場合は、温度不足と日照不足が考えられます。写真は短日処理を怠ってしまったもので、苞の色があまり出ていません。 短日処理を怠ったポインセチア
短日処理を怠ったポインセチア
関連リンク