トップドラセナ・レフレクサ(ソングオブインディア)

ドラセナ・レフレクサ

学名:Dracaena reflexa
別名:ソングオブインディア
科・属名:リュウケツジュ科・ドラセナ属
原産地:マダカスカル、モーリシアス諸島
分類:常緑低木
寒さ:弱い(10度以上)
暑さ:強い
日照:日向(夏は半日蔭)
耐陰性:あり
通販:楽天市場にあり

ドラセナ・レフレクサ(ソングオブインディア)
ドラセナ・レフレクサ(ソングオブインディア)の写真

ソングオブインディアの葉
ドラセナ・レフレクサは何種類かあって、原種の葉が緑色をした種類や葉に外斑のあるフイリレフレクサ、そしてレフレクサの園芸品種で明るい斑入りの葉が茂らせるソングオブインディア、葉に美しいライン入るのソング オブ ジャマイカという種類などがあります。いずれも細い茎の先にフサフサとした葉を茂らせるとても感じのよい観葉植物です。ドラセナ類は寒さに弱い観葉植物はあまりないのですが、レフレクサはやや寒さに弱い方なので、冬は室内のできるだけ暖かい場所で育てた方がよいです。

ドラセナ・レフレクサ(ソングオブインディア)の育て方

置き場所

日当たりを好む観葉植物ですが、耐陰性があるので明るい日陰でも育てる事ができます。真夏の直射日光は強過ぎるので、夏は明るい日陰で育てます。秋の最低気温が20度を下回ったら室内へ入れ、冬は最低温度10度以上の出来るだけ暖かく明るい場所で育てます。その他は観葉植物の置き場所を参考にしてください。
5月から10月上旬 室内または戸外の日当たりのよい場所から明るい日陰。(真夏の直射日光は避ける)
10月中旬から4月 室内の日当たりのよい場所。最低温度は10度以上で管理

水やり

生育期の5月から9月は鉢土の表面が乾いたらたっぷりとに与えます。やや水を好む観葉植物なので、生育期の水切れには注意してください。空中湿度も好むので霧吹きで葉水を与えながら育てます。朝の最低気温が20℃を下回ったら、徐々に水を吸わなくなるので、だんだん水やり回数を控えていきます。冬は鉢土の表面が白く乾いて2、3日してからの水やりにして乾燥気味にします。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。その他、詳しくは観葉植物の水やりを参考にしてください。

植え替え

鉢の底から根が出て根詰まり気味だったり、植え替えを2年以上していないものは植え替えをします。時期は5月から6月頃が理想的です。用土は市販されている観葉植物専用の土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、ピートモス1ぐらいでよいと思います。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページを参考にしてください。

増やし方(挿し木)

挿し木して増やす事ができます。時期は5月から6月頃が理想的です。その他、詳しくは挿し木のページを参考にしてください。

肥料

春から秋まで液体肥料などを与えます。その他は観葉植物の肥料のページを参考にしてください。

冬の管理方法

観葉植物の冬の管理をご覧下さい。
関連リンク