トップストレリチア(極楽鳥花)

ストレリチア(極楽鳥花)

学名:Strelitzia reginae
別名:ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)、レギネ、レギネー
科・属名:バショウ科・ストレリチア属
原産地:南アフリカ
分類:常緑多年草
寒さ:やや弱い(3度以上)
暑さ:強い
日照:日向
耐陰性:あり(花は日照必)
開花時期:4月〜10月
草丈:60cm〜150cm
花径:15cm〜20cm
花言葉:寛容、恋の伊達者、気取った恋、輝かしい未来
通販:楽天市場にあり

ストレリチア(極楽鳥花)
ストレリチア(極楽鳥花)の写真
ストレリチアの花
ストレリチアの花
ストレリチア・ノンリーフ
ストレリチア・ノンリーフ

ストレリチアの花2
ストレリチアの種類はレギネ、オーガスタ、アルバ、ジャンセア、ユンケア、交雑種のノンリーフなどがあります。この中で一般に極楽鳥花と呼ばれているのはレギネの事です。レギネの花は写真のようにかなり変わっていて、姿か派手な鳥の極楽鳥のようなので、別名、極楽鳥花と呼ばれています。花は主に春と秋に咲かせますが、環境によっては夏でも冬でも花を咲かせるようです。一つの蕾から5回ぐらい花を咲かせる面白い性質もあり、花持ちも2週間ぐらいと長く、高級切り花としても流通しています。

ストレリチアの育て方

置き場所

日当たりを好む観葉植物ですので、年間を通して日当たりのよい場所で育てます。耐陰性があるので明るい窓辺で育てる事ができますが、花は日光に当てないと咲きません。秋の最低気温が15度を下回ってきたら出きるだけ日当たりのよい室内の窓辺などに置きます。冬の耐寒温度が0度以上と寒さにとても強いです。その他は観葉植物の置き場所をご覧下さい。
4月下旬旬から10月中旬 室内または外の日当たりのよい所に置きます。
10月下旬から4月中旬 室内の日当りのよい窓辺に置きます。最低温度は3度以上で管理します。

水やり

乾燥地帯の植物ですので、あまり多湿にしない方がよさそうなのですが、特に気を使わずに普通の観葉植物の育て方でよいです。水やりは年間を通じて表面が乾いたらたっぷりと与えます。秋の最低気温が20度以下になるとだんだん水を吸わなくなるので、水やり回数を徐々に減らしていきます。冬は表面が乾いてから2、3日してからの水やりにして乾燥気味に管理します。冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。その他、詳しく知りたい方は観葉植物の水やりをご覧ください。

植え替え

ストレリチアの植え替え(2006/5月上旬)
ストレリチアの植え替え前
植え替え前

根がよく伸びる
ストレリチアの植え替え後
植え替え終了
圧力で鉢を割られた(2006年8月中旬)
ストレリチアの根に鉢を割られた
圧力で割られた鉢
植え替えたストレリチア
大きな鉢に植え替えた
根は太く強い根をしており、植え替えずに放置すると圧力で鉢を割ってしまうほどなので、毎年か2年に一度は植え替えを行うのがよいと思います。時期は5月から6月頃が理想的です。根は多肉質で乾燥に強い根をしていて、これはストレリチア属全ての仲間に共通しています。用土は市販されている観葉植物専用の土でよいと思います。自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいでよいと思います。右の写真は長鉢に植え替えた時の写真です。前年の秋にも植え替えたのですが、すぐに根詰まり気味になったので蘭用の長鉢に植え替えましが、その年の夏に圧力で鉢を割られてしまいました。その他、詳しくは観葉植物の植え替えのページをご覧ください。

増やし方(株分け、種まき)

株分け

株が増えたら切り分けて株分けができます。時期は植え替えと一緒に行います。

種まき

花が咲いたら人工的に受粉させて種を採る事ができるそうです。交配から種を採るのも、発芽から大きくなるのも時間がかかるので、増やす場合は株分けをした方がよいです。種まきは趣味的に行なうと楽しいと思います。

肥料

5月、7月、9月に骨粉入りの固形油かすや花用の暖効性化成肥料などを与えます。多肥に強い観葉植物ですが、肥料の与え過ぎには注意してください。その他は観葉植物の肥料のページをご覧下さい。

冬の管理方法

観葉植物の冬の管理をご覧下さい。

病気や害虫など

花が咲かない

日光不足になると花が咲きにくい性質があります。できるだけ長く直射日光に当てて育てるようにします。ストレリチアの若い頃の花茎は葉茎に似ていて区別は難しいですが、秋に花茎が伸びると翌年の春に開花します。花は一つの蕾から5個ぐらい咲かせる面白い性質があります。 ストレリチアの開花
ストレリチアの開花(2008/4)

葉が丸まる

湿度不足や根詰まりすると葉が丸まるようです。根詰まりなら植え替えます。室内では葉に霧吹きで湿度を与えるように育てます。生育期の戸外では葉にシャワーで水を与えるとよいと思います。